浮気調査・不倫調査PRESS

自力での浮気調査方法や浮気調査の料金・費用相場や実績などを紹介

浮気調査や不倫調査を考えているアナタに今読んでもらいたいこと全て書きました

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-790-037 <<

 

「最近、パートナーの帰りが遅くなった」

「携帯電話を常に持ち歩き、隠れて会話するようになった」

「異性の私物を持っていた。衣服に香水の匂いや髪の毛が付いていた」

「休日も出歩くようになった」

このような浮気や不倫の兆候は、日常生活の中で不意に現れます。最初は「まさか」「考え過ぎだ」と思い込もうとして、けれどもパートナーの素振りはいよいよ怪しく見えてくる。こうなっては夫婦間の信頼関係も崩れてしまいます。見て見ぬふりをして解決するならいいですが、放っておくと不信感は次第に募り、最悪の結果にも繋がりかねません。

パートナーが浮気・不倫をしているにせよしていないにせよ、真実を確かめることは大事です。疑いが晴れたらそれはそれで問題ありませんし、万が一浮気・不倫が発覚したとしても、その後の展開について主導権を握ることができるからです。このサイトでは、浮気や不倫の調査方法と注意点、プロに頼んだ場合の費用、浮気・不倫が発覚した場合の対応など、一通りのポイントを網羅的にご説明します。

「浮気かも…?」と思ったらまずやるべきこと

「浮気かも…?」と思ったらまずやるべきこと

(1)落ち着いて心の整理をする

最初に意識していただきたいのは、「浮気や不倫を疑った時点で、自分は動揺している可能性がある」ということです。自分がどんなに落ち着いていると思っていたとしても、心の奥ではショックを受けていることがあります。冷静な判断や行動をするためには、気持ちを落ち着けることが不可欠です。自分の不安やダメージを無理に否定しようとせず、ひとまず事実をありのまま受け止めるようにするといいでしょう。

(2)今後の方針を固める

気持ちを落ち着けたら、今後の方針を決めます。

  1. 浮気・不倫を調べるのか見過ごすのか。
  2. 調べると決めた場合、浮気・不倫がなかったらどうするのか、あったらどうするのか。
  3. 浮気・不倫が事実だった場合、離婚するのかしないのか。

このように問題のステージを分けて考えることで、「自分がどうしたいのか」が見えてきます。目指したい未来によって採取るべき手段も変わってくるため、方針決定は重要です。

(3)証拠を確保しておく

「浮気かも…?」と思ったのなら、何かしらの理由があってのことでしょう。もしその理由が保存しておける類のものであれば、とりあえず確保しておくべきです。後に浮気・不倫の事実について争ったり交渉したりする機会があれば、自分に有利な証拠となる可能性があるからです。確保の方法には、現物を保管しておく、画像データを取っておく、といったものがあります。ただし、後ほどご説明しますが、中には証拠として認められないものもあるので注意しましょう。

(4)焦って追及しない

浮気や不倫の疑いを持ったら、すぐにパートナーを問い詰めたくなりがちです。ただ、証拠もなしに追及したところで、相手が浮気や不倫を素直に認めるとは限りません。それどころか、かえってバレないよう巧妙に浮気や不倫をするようになったり、証拠を隠したりするといった問題の生じるおそれがあります。直ちに真実を確かめたくなる気持ちはわかりますが、後々のことを考えるなら堪えたほうがいいでしょう。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-790-037 <<

自力で出来る浮気調査方法の紹介

自力で出来る浮気調査方法の紹介

(1)3つの調査対象とは

浮気・不倫の調査については、「何を調べる対象とするか」という観点から、3つに分けることができます。具体的には、データ、物と場所、人間です。これらに関し、自力で調べる方法を確認していきましょう。

(2)PCやスマホは情報の宝庫

現代では、浮気・不倫の事実を確かめるにあたって電子データの調査は欠かせません。パートナーが使っているパソコンや携帯電話(スマートフォンなど)には、浮気・不倫相手との交際を示すやり取りや画像、動画のデータが保存されている可能性があります。たとえばFacebookやTwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、あるいはLINEやカカオトークなどの通信チャットアプリを介して浮気・不倫相手と連絡を取る人は多いと考えられるでしょう。

ただ、それだけにガードは固く、多くの場合ロックされており、簡単にチェックできるものではありません。また、下手にSNSや通信チャットアプリへログインすれば不正アクセス禁止法違反となるおそれもあるため、注意が必要です。

(3)衣服や車内も入念に確認

データではなく形ある物としての証拠を手に入れたいなら、衣服や鞄、財布、そして自室や車の中を調べるといいでしょう。浮気・不倫を示す手がかりとなるのは、たとえばレシートやクレジットカードの明細書、ラブホテルやキャバクラの会員カード、置き忘れの異性の私物などです。

衣服や鞄は内ポケットまでしっかりと確かめ、財布はレシートや領収書、カード類をチェックするといいでしょう。車の中を調べる場合、サイドボードやダッシュボード、灰皿の中、後部座席の下といった、普段なら目の届きにくい箇所も忘れずに確認すべきです。

(4)知人や友人から証言を入手

情報はパソコンやスマホだけではなく、知人や友人経由で手に入れられることもあります。パートナーと共通の知人や勤め先の同僚、先輩や後輩といった交友関係を当たってみるのも一つの手です。気を付けたいのが、情報を得るために接触した相手が、パートナーを庇ったり告げ口をしたりする場合があるということです。もし浮気・不倫を疑って調べているという情報がパートナーに漏れてしまうと、証拠を隠滅されてしまうおそれがあります。関係者に聞き込みをする場合、特に慎重さが求められるのです。

探偵事務所だから言える「自力での浮気調査」の危険性

探偵事務所だから言える「自力での浮気調査」の危険性

(1)自力で浮気・不倫調査をするリスク

「浮気・不倫調査にお金を掛けたくない」「他人に相談するのは抵抗がある」といった理由から、自力で調べたいと思われるのは無理もないでしょう。実際、自力での浮気・不倫調査もまったく無意味なことではありません。調べ方によっては有力な証拠が見つかる可能性もあります。

ただ、自力による調査には相応のリスクが伴います。たとえば、パートナーのスマホにこっそり監視アプリを仕込むのは不正アクセス禁止法違反、パートナーの浮気・不倫相手の家へ勝手に入れば住居侵入罪というように、犯罪として刑事処罰を受ける危険性があるのです。そして、そこまでしても使える証拠が手に入らず、かえって自分を裏切っていたパートナーや浮気・不倫相手に有利となってしまう可能性すらあります。

(2)具体的な自力調査による失敗ケース

探偵事務所に駆け込む前に自力調査を行い、残念ながら失敗してしまったというケースを聞くことも珍しくありません。
ここでは、自力での調査による失敗にはどのようなパターンが多く、それらの失敗はなぜ起きるのかということをご説明します。

①後をつけたら相手にバレてしまった!

失敗の典型パターンとして、いわゆる「尾行バレ」のケースが挙げられます。パートナーと浮気・不倫相手の後をつけ、決定的な証拠を手に入れようとするのですが、見つかって言い逃れを許してしまうというものです。
どうして素人の尾行がバレてしまいやすいのかと言いますと、大きく分けて3つの理由があります。

第1に、単独で尾行するために気づかれやすいという点があります。探偵は2~3人体制でターゲットに不信感を抱かせないように後をつけますが、一般の方だとなかなか誰かに協力を頼むという発想は浮かびにくいようです。また事情が事情だけに、人手を借りたくないという心理も働くでしょう。

第2に、ターゲットとの距離を掴みにくいという点があります。尾行には一定のスキルとノウハウが求められます。遠すぎると相手を見失ってしまいますし、近づきすぎると相手に見つかってしまうのです。一般の方の場合、見失わないように近づいて相手に気づかれるというパターンが多くあります。

第3に、背格好や歩き方の特徴などを尾行する相手に知られているため、意識されやすいという点があります。人間の動きは一人ひとり異なりますし、日頃から見慣れたパートナーにとっては、気づきやすいものといえるのです。

②現場を目撃できたものの感情的になり……

尾行が上手くいったとしても、その後の段階で失敗してしまうケースもあります。それが「浮気・不倫現場の目撃による怒りや逆上」です。
いくら証拠集めをするためだと割り切ったつもりでいても、いざ浮気・不倫相手と仲良さそうにしている光景を目にすると、なかなか冷静ではいられないものでしょう。

結果として、決定的な証拠を手に入れる前に踏み込んではぐらかされてしまったり、愛人と別れさせるつもりが逆にふたりの結束を強めさせてしまったり、といった羽目に陥ってしまうのです。
浮気・不倫のような件に関して証拠を手に入れようと思うなら、当事者以外の第三者のほうが冷静で客観的な対応ができる場合があります。

③何度やっても証拠が手に入らない

写真を撮影するにせよ、動画や音声を記録するにせよ、有力な証拠として確保するのは大変です。対象者の顔や決定的瞬間がきちんと示せるものでなければならないからです。「証拠確保失敗の繰り返し」は、いわば何度も浮気・不倫の実態に迫りながら何もできずに引き下がるようなもので、精神的にも身体的にもかなり疲弊してしまいます。

技術や専門的装備、そしてノウハウを持つプロに任せることで、そうした失敗を避け、証拠を手に入れた後の計画を考えることに注力できるのです。

(3)自力で調査できる範囲とは

安全に自力調査ができる範囲とは、「法令で禁止されていない行為」に他なりません。しかし、一般の方が合法行為と違法行為をはっきりと区別するのは困難です。特に浮気・不倫調査は焦りや怒りなどから、法令上許されない行為に手を出してしまいがちです。自力調査をするにしても、パートナーに気づかれないように、探偵へ依頼する前の下調べ程度にとどめておくのが無難でしょう。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-790-037 <<

GPSやアプリを使った浮気調査の注意点

GPSやアプリを使った浮気調査の注意点

(1)GPSやアプリを用いる調査方法とは

浮気・不倫調査の方法として、「GPS」やアプリを使うものがあります。GPS(グローバル・ポジショニング・システム)とは、簡単に言うと人工衛星から発せられる電波により、地上の対象の現在位置を測る仕組みです。これを利用すればパートナーがどこにいるのかがリアルタイムで判明します。またアプリについては、”iCloud”や”Suica Reader”のような、本来は浮気・不倫調査と直接関係ないものを活用する方法と、”Cerberus”や”Prey Anti Theft”のようなセキュリティ目的のものを活用する方法があります。

スマホ内のデータを共有していれば、パートナーが浮気・不倫の証拠となるような画像や動画を保存していないかが確認できますし、”Suica Reader”では乗車履歴などから不審な移動がないかどうかがわかります。さらに”Cerberus”などのセキュリティソフトを活用すれば、自分のPCからパートナーのスマホを遠隔操作し、通話履歴などを知ることすらできてしまうのです。

(2)犯罪となるおそれも

ただ、パートナーの同意なしで相手のスマホにアプリをインストールしたり、遠隔操作や監視をしたりする行為は、プライバシー権の侵害として民事の損害賠償請求を招く可能性や、不正アクセス禁止法・ストーカー規制法などの処罰対象となるおそれがあります。ご自身で、犯罪となる行為とセーフな行為の境界が判断できない場合には、手を出さないようにすべきでしょう。

浮気調査の費用相場

浮気調査の費用相場

(1)相場は調査プランごとに異なる

浮気・不倫調査に掛かる費用は、総額10万円前後から100万円超まで様々です。なぜなら、症状が同じでも原因や治療法によって病院代が変わるように、浮気・不倫調査も難易度や調査方法、必要日数に応じて費用相場が異なるからです。そこで調査プランごとの相場と、それらがどういった事案に適しているのかをご紹介します。

(2)「時間料金プラン」の相場と適した事案

時間料金プランとは、調査に要する人員数と調査時間によって料金が変動するプランです。浮気・不倫調査をプロに依頼する場合、調査員1名が1時間稼働するときの費用は1万円前後となります。ただし、通常は調査漏れを防ぐなどの理由から2名以上で取り組みます。このため、時間料金プランなら1時間あたり約2万円掛かるものと見込んでおくといいでしょう。1日あたり8時間で1週間の調査を依頼した場合、費用相場は以下の通りです。

2万円(調査員2名の費用)×8時間(1日あたり調査時間)×7日(1週間)=112万円

費用の算出根拠がわかりやすい反面、このように場当たり的な調査を依頼すると、時間や費用が多く掛かってしまいかねません。そこで「浮気・不倫が特定の日に行われている」「浮気・不倫の行われそうな日時を絞れている」などの事案に適したプランといえます。

(3)「成功報酬プラン」の相場と適した事案

成功報酬プランとは、依頼を引き受ける基本料金としての「着手金」に「諸経費」を加え、さらに調査が成功したとき、つまり浮気・不倫の事実が判明した場合に「成功報酬」を支払うというプランです。浮気・不倫調査が成功しなければ無料というわけではなく、着手金と諸経費は掛かるので注意しましょう。

着手金の相場は10万円~20万円、成功報酬は30万円~60万円ほどですが、探偵事務所によっても異なります。諸経費は車両費やガソリン代、高速道路料金、カメラなどの機材代などで、一般的には5万円~10万円ほど見込まれます。一例としては以下の通りです。

15万円(着手金)+5万円(諸経費)+50万円(成功報酬)=70万円

ここで気になるのは、「そもそも浮気・不倫の事実が存在しなかったらどうなるのか」という点です。これについては、存在しない浮気・不倫は見つけようがないので、調査失敗という扱いにはなりません。基本的に成功報酬プランは依頼者が自由に指定できるものではなく、探偵と話し合って決めます。事前の打ち合わせで、浮気・不倫の事実が存在することが確実だと判断できる場合に、成功報酬プランで引き受けてもらえるわけです。

(4)「パック制プラン」の相場と適した事案

パック制プランとは、携帯電話の定額プランのように、支払う額をあらかじめ決めておいて、それ以上は原則として料金が掛からないというプランです。たとえば20万円で1ヶ月中15時間稼働、60万円で3ヶ月中60時間稼働というように、料金と調査期間、調査時間を設定します。相場としては、1時間あたり1万円~1万5000円ほどに設定されています。時間料金プランの場合、調査員2名で1時間あたり2万円ほどなので、パック制となっている分だけ安くなるわけです。一例としては、以下の通りです。

35万円(30時間稼働)+延長料金=35万円~

一定期間内に調査が終わらなければ、延長料金を支払うことで調査期間を延ばすことも可能です。30分単位、1時間単位など、延長となる時間の単位は探偵事務所によって異なります。また、延長するかどうかは探偵から連絡が来るのが基本ですが、中には自動延長となるプランもあるので、契約の際にきちんと取り決めをしておきましょう。パック制プランは、浮気・不倫が行われる具体的な日時はわからないが、1週間、1ヶ月といった期間内には行われると見込まれるような事案に適したプランです。

浮気調査費用をできるだけ安くする方法

浮気調査費用をできるだけ安くする方法

(1)浮気・不倫の調査費用は高い?

ここまでご説明してきたように、浮気・不倫をプロに頼めば、費用はそれなりに掛かります。少なくとも数千円から数万円ですべての調査が完了するというわけにはいきません。そこで、できるだけ安くする方法はないかと思われる方もいるでしょう。

ただ、ボランティアやアルバイトとは異なり、なかなか人件費を下げるわけにはいかず、また諸経費も削れないところです。費用を安くしたとしても、調査費用を無理に値切ろうとするのはおすすめできません。とはいえ、浮気・不倫の調査費用を結果的に低く抑える方法はあります。

(2)適したプランを選ぶ

まず上でご説明したように調査費用はプランごとに異なり、それぞれのプランには適した事案があります。ご自身の調査してもらいたいケースに合わせてプランを選ぶことで、余分な調査費用を掛けずに済みます。具体的には、以下のような場合を想定してみましょう。

  1. 浮気・不倫の時間や場所がほぼ判明していて、スポット的に調査を頼みたい場合は
    時間料金プラン
  2. 調査対象者の警戒心が強いなど、調査の難易度が高い場合は
    成功報酬プラン
  3. 1ヶ月に2~3回は確実に浮気・不倫をするが、場所や時間はわからない場合は
    パック制プラン

調査を依頼する前に自分がどこまで事情をつかめているのか確認しておくことで、最適なプランを選べますし、結果として調査期間が短くなり費用も安くなります。

(3)情報をきちんと提供する

調査対象者であるパートナーにもっとも近いのは依頼者ですから、情報も多く持っているはずです。年齢や髪型、身長、体型といったパーソナルデータから、服装、所有している車の車種や色、交通手段、勤務先、行きつけの店、掛かりつけの病院、利用しているジムといった情報まで、細かく探偵に伝えることによって調査の精度が上がります。レシートやクレジットカードの明細書などは、探偵が単独で手に入れるのが困難な情報ですから、できれば依頼者が確保しておいた方がいいでしょう。

また、とりわけ重要な情報が浮気・不倫の日時です。たとえば毎週決まった曜日に帰りが遅いとか、手帳に怪しい印が付けられている日があるのを見たとか、浮気・不倫が行われそうな日や時間に目星を付けられれば、調査の進み具合は大きく変わってきます。場合によっては、僅か1~2日ほどで決定的な証拠を掴むことができる可能性もあります。調査に掛かる日数が短くなれば、それだけ費用も抑えられるのです。

(4)調査の依頼目的を決めておく

浮気・不倫の事実を確かめた後にどうするのか。これを決めておくのも費用を安くあげることに繋がります。なぜなら、単に浮気・不倫の事実だけ確認できればいいのと、慰謝料請求をしたいのと、離婚まで視野に入れているのとでは、入手しておくべき証拠のレベルや質が異なるからです。離婚や慰謝料請求は法律上の話になるので、第三者から見ても確実に浮気・不倫が存在していると認められる程度の証拠を用意する必要があります。

他方、結婚生活を続けていく上でパートナーに釘を刺したい、気持ち的にスッキリしたい、といった目的にとどまるのなら、ホテルに入っていく写真のような証拠だけで十分でしょう。自分がどのような目的で調査を依頼するのかは、契約前の時点で探偵にきちんと伝えるようにしておくのが大事です。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-790-037 <<

詐欺まがいの費用を請求する悪質な探偵事務所の見分け方

詐欺まがいの費用を請求する悪質な探偵事務所の見分け方

(1)悪質な探偵事務所もある

探偵は正式な国家資格があるわけではなく、いうなれば誰にでも就くことのできる職業です。もちろん届出や証明書の取得は必要ですが、それらは探偵としての質を保証するものではありません。中には悪質な探偵事務所もあり、「調査をしていないのに調査をしたと言い張る」「料金の説明をせずに後から高額な費用を請求する」「わざと調査期間を長引かせて料金を吊り上げる」といったトラブルも発生しています。

そこで、費用を安くあげる方法だけではなく、いわゆる「ぼったくり」のような事務所を避ける方法も知っておく必要があります。

(2)手続面がしっかりしているか

そもそも探偵業者は、公安委員会に届出を行わなければなりません。これは「探偵業の業務の適正化に関する法律」(探偵業法)の第4条に定められた義務です。

参照元: 探偵業法 第4条

この届出をしたことで交付される証明書は、事務所内の見やすい位置に掲示しておかなければならないこととされています。「探偵業届出証明書」がきちんと掲示してあるかどうかは、手続を適正に行った正規の業者かどうかを判断する指標となります。

また、届出証明書には8桁の届出番号が記載されており、多くの探偵事務所ではホームページにこの番号を掲載しています。直接事務所に足を運ぶ前に、ホームページの届出番号を確認するのも有効です。同じく探偵業法の第8条には、探偵業務に関する契約を結ぶ前と結んだ時に、契約内容などについて記載した書面を交付すべき義務が定められています。

参照元:探偵業法 第8条

契約書や説明書をきちんと示し、渡してくれるかどうかも非常に重要です。逆にこれらの手続が守られていない探偵事務所は悪質である可能性が高いため、依頼を避けるべきでしょう。

(3)料金設定の明確さと説明の丁寧さ

いくら契約内容の説明がなされても、わかりにくければ困ります。何にどのくらい費用が掛かり、最終的な総額としてはいくらくらいになるのか、またどういう体制で調査を行うのか、「成功」とは何を指すのか、といった点に関する説明をしっかりと明確にしてくれるかどうかは、その探偵事務所の姿勢をよく表します。特に成功報酬制を採る場合、何が「成功」に当たるのかという解釈の行き違いによるトラブルも生じることがあるため、確認は怠らないようにすべきです。

また、説明が丁寧かどうかは、調査結果報告の質とも関わります。契約前にわかりやすく説明してくれない業者が、調査結果の報告を丁寧にしてくれるとは考えにくいでしょう。報告の仕方について聞いたり、報告書のサンプルを見せてくれるように頼んだりするのも、悪質な探偵事務所かどうかを判別するテクニックの1つです。

(4)実績とサービス内容

探偵は、その業務の性質上、あまり大々的に実績を誇示することはできません。依頼者のプライバシーに関わる内容が多いからです。ただ、公開できる範囲での「依頼者の声」や事案の解決実績は、確認しておくことをおすすめします。悪質な探偵事務所なら、実績を示すことができません。加えて、途中経過の報告やアフターケアといったサービス内容もチェックしておくといいでしょう。悪質な業者は、費用の割にサービスが充実しておらず依頼者とのトラブルが発生する、というケースが多いものです。

他には、事務所の規模や歴史(どのくらい長く続いているか)、業界団体(一般社団法人 日本調査業協会など)に加入しているかどうかといった点も、様々な情報と併せて悪質な業者を見抜くポイントとなります。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-790-037 <<

「浮気調査 = 離婚」と考えるべきではない

「浮気調査 = 離婚」と考えるべきではない

(1)浮気や不倫があれば即離婚?

浮気調査や不倫調査をする場合、浮気や不倫の事実が判明したら離婚するしかない、と思っていらっしゃる方もいます。しかし浮気・不倫調査は必ずしも離婚だけを目的として依頼するものではありません。あくまでも真実を確かめ、今後の選択肢を増やすために行われるものです。離婚をするつもりがなかったとしても、浮気・不倫調査をする意義はあります。迷っているなら、一度探偵事務所に相談してみてもいいかも知れません。

(2)離婚以外の選択肢とは

浮気・不倫の事実があったとして、離婚以外の選択肢にはどのようなものがあるのでしょうか。考えられるのは、「復縁」と「別居」です。また、これらとは独立して「慰謝料請求」という手段があります。

復縁とは、パートナーを許し、今まで通りの生活を送ることです。心情的には難しいかも知れませんが、パートナーが心から反省し「二度と浮気・不倫をしない」と誓うのであれば、今回だけは許そうという方もいらっしゃいます。加えて、経済的事情を考えると、離婚しても生計が苦しくなるだけだという場合もあります。そうしてみると復縁も現実的な選択肢となるでしょう。

別居とは、パートナーを完全に許すとまでは行かないが、離婚もしたくはないという場合に、生活を分けて一種の猶予期間のようなものを設けることです。別居したとしても「婚姻費用」という、夫婦が共同生活を送る上で必要な費用はパートナーに請求できます。とりあえず別居した上で復縁か離婚かを改めて考えるという手もあります。慰謝料請求については相場や相手方、注意点などがあるため、後述します。

浮気調査した後に浮気の事実が分かったらどのように対応するの?

浮気調査した後に浮気の事実が分かったらどのように対応するの?

(1)焦らずに対応方法を再考する

調査の結果、実際に浮気・不倫が行われていて証拠も入手できたとなれば、つい焦ってパートナーを責めたくなることもあるでしょう。確かに浮気・不倫調査の後なら証拠を隠されるおそれも少ないですが、まだまだ油断は禁物です。調査を依頼する前に方針を決めていたとしても、本当にそれでいいかどうかを再度考えてみることをおすすめします。

(2)復縁や別居、離婚に向けた心身のケア

復縁するにせよ離婚するにせよ、心身に相当の負担を強いられることとなります。なかなか知人や友人に相談しやすい事柄でもないため、人知れず苦しむ方も少なくありません。ストレスを軽減するために、カウンセリングを受けるのが望ましい場合もあります。探偵事務所によってはカウンセラーが在籍し、大きな転機を迎えた依頼者のメンタルケアを行ってくれるところもあります。自分自身の心や身体の健康を守るためにも、フォローやアフターケアを考えてみるといいでしょう。

(3)離婚へ向けた取り組み

離婚の90%近くは、話し合いによって行われる「協議離婚」とされています。これに対し、「調停離婚」は約10%、「裁判離婚」は約2%と、かなり少ないものです。ただ、当事者だけで話し合いをしてもこじれることが多いため、離婚問題を中心に取り扱う弁護士に立ち会ってもらい、冷静な協議を行うのがスムーズな解決を目指す方法といえます。とはいえ、弁護士に知り合いがいて気軽に頼めるという方は多くないでしょう。

そこで、探偵事務所と提携している弁護士を紹介してもらうことで、弁護士を探し回る負担を解消することもできます。離婚を視野に入れて探偵事務所を選ぶ際には、弁護士との提携があるかどうかもチェックしておくといいでしょう。

浮気調査した後に浮気の事実がなかった場合はどのように対応したらいいの?

浮気調査した後に浮気の事実がなかった場合はどのように対応したらいいの?

(1)浮気・不倫がなかったとポジティブに捉える

疑って調査まで頼んだのに浮気・不倫がなかったことがわかると、戸惑われる方も珍しくありません。ただ、疑いの眼差しで見ると何でも怪しく見えてしまうように、疑わしいと思っていたパートナーが潔白だったという場合もあるのです。ただ、浮気・不倫の事実がないというのは、本来喜ぶべきことのはずです。考え方を「裏切られていなくてよかった」というポジティブな方向へ向けるといいでしょう。

(2)調査費用は損したのか?

中には調査費用を損したような気持ちになる方もいらっしゃるかも知れません。しかし、下手に自分で浮気・不倫を確かめようとしてパートナーに露見した場合、かえって相手の心象を悪くしてしまう可能性もあります。そうなると、浮気・不倫がなかったのに夫婦仲が悪化し、離婚に至るというおそれもあるでしょう。調査費用には、パートナーに疑いを知られることなく依頼者の不安を解消する、という意味もあるのです。

疑心暗鬼になっているだけで浮気の事実がない場合もある

疑心暗鬼になっているだけで浮気の事実がない場合もある

(1)疑いの心は目を曇らせる

パートナーを疑い始めると、相手のあらゆる行動が浮気や不倫に結びついてしまいます。帰りが遅くなったのは浮気・不倫相手と話していたからで、スーツに香水の匂いが付いていたのは相手と接触していたからで、休日に出掛けるようになったのは相手とのデートだ、というように。しかし、帰りが遅くなったのは単なる商談で、香水の匂いは打ち合わせの相手が強力な香水を付けていたからで、休日の外出は休日出勤だったからかも知れません。

このように、他の理由でも十分に説明のつくことを浮気や不倫と結びつけて考えてしまうのが、疑心暗鬼の恐ろしいところです。

(2)不安やショックを受けた気持ちは真実

ただ、「だから疑うべきではない」と言いたいわけではありません。疑念というのは自然に湧いてくるもので、疑いたくて疑うわけではないからです。問題は、浮気や不倫の事実があろうとなかろうと、疑いによる苦しい思い自体は真実だということです。そういった苦しみを解消するには、疑いをしっかりと晴らす必要があります。

浮気・不倫調査をプロの探偵に依頼することで、「浮気・不倫がなかった」という事実が明らかになれば、苦しみや不安から解き放たれます。パートナーをこれ以上疑いたくない、という思いから調査を依頼なさる方もいらっしゃるのは、そのためでしょう。

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-790-037 <<

浮気を要因とする離婚慰謝料の相場

浮気を要因とする離婚慰謝料の相場

(1)浮気による離婚、その慰謝料は?

一般に、浮気によって離婚した場合、慰謝料の相場は100万円~300万円と言われています。ずいぶんと金額に幅があるようですが、どうしてなのでしょうか。これは、同じ「浮気が原因での離婚」だとしても、個別の事案によって金額を増減させる要因が様々にあるからです。

(2)慰謝料の金額を左右させる要因とは

たとえば子供がいるかどうかは、慰謝料額を左右する要因として大きなものです。子供がいるということは、それだけ家庭としてのまとまりが強かったことを推認させ、浮気・不倫という裏切り行為による精神的な苦痛もそれだけ大きいと考えられるためです。他にも、結婚してからの期間が長ければ長いほど、長年連れ添ったパートナーへの裏切りは重大なものとして捉えられますし、浮気・不倫が離婚の直接の原因だった場合も、ショックの大きさを窺わせ、慰謝料の額は高くなりがちです。

逆に、浮気・不倫の発覚前から夫婦関係が冷めきっていたとか、浮気・不倫の期間が短く回数も一度きりだったとか、そういった事情がある場合、慰謝料額は低く抑えられる傾向にあります。

(3)浮気・不倫による離婚での慰謝料請求のポイント

浮気・不倫で離婚する場合、慰謝料を請求できるためのポイントは4つあります。

  1. 慰謝料請求の時効(浮気・不倫発覚時から3年間)が過ぎていないこと
  2. パートナーと浮気・不倫相手との間に肉体関係があること
  3. 離婚と浮気・不倫との間に因果関係(原因と結果の関係)があること
  4. これらを示す証拠があること

浮気・不倫調査をして、しっかりとした証拠を入手しておけば、離婚にあたって慰謝料を請求する際にもスムーズにいきます。示談や裁判で有効と認められる証拠には条件があります。詳しくは探偵事務所もしくは弁護士にご確認ください。

離婚せずに浮気相手に慰謝料を請求する際の相場

離婚せずに浮気相手に慰謝料を請求する際の相場

(1)復縁や別居するときの慰謝料は?

まず復縁する場合、慰謝料の相場は50万円~100万円とされています。次に別居する場合、慰謝料の相場は100万円~200万円とされています。いずれも離婚した場合と比べてやや少なくなっていますが、これは精神的な苦痛がそれだけ少なく見積もられてしまうためです。

(2)「慰謝料が少ない = 経済的に損」ではない

ただ、慰謝料が少なければ経済的に損失を被るとは限りません。離婚しない場合、上でも触れたように婚姻費用という夫婦が共同生活を送る上で必要な費用を受け取ることができるからです。慰謝料(養育費などは除く)は、あくまでも一回きりの支払いですが、婚姻費用は継続的に支払われます。特に子供がいる場合は、離婚ばかりが最善の道とは限らないでしょう。今後の生活を考え、敢えて離婚せずに復縁や別居を選択するという手段もあります。

(3)浮気・不倫相手に慰謝料を請求できる場合、できない場合

浮気・不倫相手に慰謝料請求をできるのが当然と考える方もいらっしゃいますが、場合によっては請求できないこともあります。それは、以下のようなときです。

  1. 相手に浮気・不倫をしているという意識がなく、それに気づける状況でもなかったとき
  2. 浮気・不倫前から夫婦仲が冷めきっており、夫婦関係が破綻していたとき

つまり、結果として浮気・不倫になってしまっただけで、相手は独身者だと信じていた場合や、パートナーが無理やり性交渉に持ち込んだような場合は慰謝料請求が認められません。さらに、夫婦仲が悪く長年別居していたような場合も同様です。どういうケースで慰謝料が請求でき、あるいはできないのかは、夫婦生活の実情に応じて様々です。これも詳しくは探偵事務所や弁護士へご確認ください。

MR探偵事務所の実例と実績

(1)探偵事務所選びは実績で

探偵というのは明確な国家資格が定められている職種ではないため、残念ながら事務所によって調査の質にもバラつきがあります。
そこで、クオリティの高い調査を行う事務所を選ぶ際の基準として、どのような事件をどのように解決したかという「実績」を考慮すべきなのです。
以下では、MR探偵事務所における慰謝料請求・離婚・再構築の解決事例をそれぞれご紹介します。

(2)慰謝料請求の実例

依頼者の方は30歳の奥様、調査対象者はそのご主人で31歳。
不動産会社の営業職であるご主人は、出勤日の帰宅時間が夜中の2時3時、休日にも昼前から出掛けて22時まで戻らない……。このような生活が3年間続いており、渡される生活費は最低限、家計管理もご主人とのこと。

ご主人の携帯に届いたメールから浮気に気づいた奥様は、離婚話を切り出されたことをきっかけに、浮気調査依頼を決心。MR探偵事務所に話が持ち込まれました。
調査の結果、ご主人は毎日浮気相手の家に出入りしていることが判明、確実な証拠写真も確保できました。

今まで浮気調査を依頼したことについて、ご主人に対する罪悪感や心苦しさを覚えていたという奥様は、決定的な証拠を目の当たりにしてようやく吹っ切れたといいます。
相手の女性への慰謝料請求を実現させ、一方的に養われる立場ではなく一人の対等な人間として、ご主人との離婚話に向け動き出したと語られました。

参考:http://www.tantei-mr.co.jp/archive/8147
参考:http://www.tantei-mr.co.jp/archive/8153

(3)離婚の実例

依頼者の方は57歳のお父様、調査対象者はお嬢様のご主人で25歳。
アパレル関係の会社を経営なさっているお父様は、入社して4年目の従業員であり、お嬢様のご結婚相手でもある男性の浮気調査依頼をMR探偵事務所へ持ち込まれました。
その理由は、接客販売員で見た目もいいその男性が、お客様に手を出している疑いがあるというもの。

調査の結果、男性は休日こそ妻と共に過ごしていたものの、出勤日の約半数ほどは4人の別々の女性と過ごしていたことが判明しました。お父様は証拠を基に男性と話し合い、彼に今一度のチャンスを与えてもいいと考えました。

しかし、お嬢様に事実を伏せたままではいけないとして全てを打ち明け、判断を委ねることに。お嬢様も悩んだといいますが、明確な証拠を確認した上で、「離婚」という結論を下しました。
もちろん、浮気調査の全てが離婚に結びつくわけではありません。ただ、明らかな証拠は本事例のように、時として新しい人生へと踏み出す後押しとなることもあるのです。

参考:http://www.tantei-mr.co.jp/archive/8427
参考:http://www.tantei-mr.co.jp/archive/8430

(4)再構築(復縁)の実例

依頼者の方は35歳の奥様、調査対象者はそのご主人で同じく35歳。
高校生から交際を続け、25歳で結婚してから10年。男児にも恵まれ、順風満帆かと思われた日々だったといいます。
ところが、居酒屋の店長をしているご主人が、パートの女性と不倫をしているのではないかという疑いが生じました。きっかけは、本来休日だったはずのご主人が急に店へ行くと言い出して家を出た直後に、その女性から「店長と研修をする予定ですが、まだ家にいらっしゃいますか?」という電話が掛かってきたこと。不審に思った奥様は、その後何度か店に足を運んだところ、ご主人と女性が親密なように感じられたというのです。

浮気を問い詰めた奥様はご主人と喧嘩し、別居となりました。そこで、疲弊した奥様は離婚も視野に入れて決定的な証拠を掴むため、MR探偵事務所へ依頼する運びとなったのです。

調査の結果は、完全な無実。ご主人は店と自宅を往復する日々であり、パートの女性も真っ直ぐに帰宅していました。「主人に申しわけない」という奥様でしたが、帰ってきてほしいというご主人の求めに応じ、復縁することに。
1年後、旅行先から送られてきたと思われる葉書には、ご一家の仲睦まじい写真に加え、「Thank you」の一言が書かれてありました。
浮気・不倫調査は、疑いを事実だと示すだけではありません。本事例のように、疑いを晴らすケースもあるのです。

参考:http://www.tantei-mr.co.jp/archive/3247

↓スマホからはタップで電話がかけられます↓
>> 0120-790-037 <<

まとめ

浮気・不倫調査の目的は大きく分けて二つあります。一つは不安や疑いを解消し、精神を安定させることです。そしてもう一つは、今後の選択の幅を広げることです。復縁するにしても別居や離婚をするにしても、きちんとした証拠を手に入れておくのは非常に大事です。自力での調査や悪質な探偵事務所による調査では、望ましい成果が得られない可能性は高いでしょう。

サポートとケアが充実した信頼の置ける探偵事務所に任せることで、有力な証拠を入手でき、望ましい再スタートを切ることができるはずです。現在、パートナーに疑いをいだいている、浮気・不倫の可能性が高く悩んでいるという方は、浮気・不倫調査の相談をなさってみてはいかがでしょうか。
浮気調査・不倫調査なら総合探偵事務所のMR

監修者 MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓
MR探偵社代表取締役社長
監修者 岡田真弓
探偵業界 唯一の女性代表

2003年総合探偵社・株式会社MRを設立。浮気調査や人探し、信用調査、企業調査、裁判証拠収集などの基本的な探偵業務に加えて、夫婦間の問題には心のケアが必要という考えから、業界初の「カウンセリング担当制度」を 導入。その新しい視点が反響を呼び、探偵業界で売上 No.1を達成。2008年専門的技術を備えた探偵 を育成するためにMR探偵学校を開校し、学長に就任。
2017年一般社団法人日本ライフメンター協会を立ち上げ、理事に就任。ラジオ日本では「岡田真弓の未来相談室」のパーソナリティーとして出演中

\ご来社で2000円のQUOカードもらえる!/
【5年連続業界No.1】MR探偵社はコチラ