浮気調査・不倫調査PRESS

自力での浮気調査方法や浮気調査の料金・費用相場や実績などを紹介

匂わせ女子から不倫の挑戦状?売られた喧嘩を買ってはいけない理由とは?

今や男性・女性に問わず、嫌われ女子の代名詞ともなっているのが「匂わせ女子」です

彼女たちは確信をつくことは自分からはせずに、どこまでも匂わせ続けます。

「結婚しました」「彼氏できました」などのフレーズを全く出してこなかったのに、ある日突然、SNSなどに相手の男性の手に自分の手をのせて「世界で一番愛してる…」などと写真を載せたりするわけです。

まだ彼氏ができたことを匂わせているだけであれば可愛いものもですが、これが“不倫”であった場合には、可愛いだけでは済ますことはできません。

SNSで不倫相手の女性を検索すると、匂わせ女子が多いんですよね。しかも「喧嘩を売っているような投稿が多い」「旦那と浮気相手の女だけしかフォローしていないアカウントがあった」など彼女たちのやり方は、妻からしたら確実に排除したい存在なのは間違いありません

相互フォローしかしていないアカウントを旦那さんも作った時点で、だいぶ浮かれているようにも感じます…。

今回はそんな“不倫の匂わせ女子”からの挑戦状をもらった場合にはどのように対処すればいいのかをご紹介していきます。

匂わせ女子とは?

匂わせ女子とは、SNSでの投稿に「彼氏ができました」「プロポーズされました」「結婚しました」などの核心を全く記載せずに、何か意味がありそうな相手の男性の一部や料理やホテルの部屋などの写り込みのある写真を使って、「はっきりとは言わないけれど察してくれますか感」を出している女性のことです。

以前までは、匂わせ女子は芸能人と交際している事を匂わせるような行動を取ることを指していましたが、最近では一般人同士でもこのような“匂わせ”が増えてきているようです。

特に、人に言えない関係である「不倫」の場合には、付き合っていることを明言できないことが多いので、この匂わせ投稿が必然的に増えてしまうようです。

個人的には、いい匂いの匂いではなくて、“臭わせ女”でもいいと思いますけどね。自分が愛されていることを誰かに認めてもらいたいだけなのに、周りにストレスや害を与えかねない存在なわけですしね!

匂わせ女子の目的と特徴

それでは、彼女たちの目的や特徴とは何なのでしょうか?

【目的と特徴】
(1)「彼氏(いい人)できたの?」「結婚したの?」と言われたい
(2)承認欲求が高いのかも
(3)不倫をしているので公にできない
(4)友達がとっても少ない/嫌われている
(5)批判でもいいから反応してもらえることが嬉しい
(6)自分は特別な存在と勘違いしているから
(7)特に意味はない

(1)「彼氏(いい人)できたの?」「結婚したの?」と言われたい

明らかに「これはデートでは?」と見た側が思わずにはいられないような写真をアップしている場合には、おそらく『彼氏できたの??』とコメントが欲しかったり、注目を集めたいだけの可能性もあります。

どんな写真かというと、明らかに男性と一緒にいるよね…?と推測できるような男性のカラダの一部が写っている写真や「天気予報見ないで出かけたら寒くて…そしたらかしてくれた」など明らかにオーバーサイズの上着を肩掛けしている等です。

ハッキリと「彼氏」と明言はしていませんが、彼氏がいるのかもしれないと思わせるには十分な要素が揃っています。

(2)承認欲求が高いのかも

「私だって彼氏くらいるもん!」と自分を認めてもらいたい可能性があります。

容姿のことを以前から悪く言われていて『男と付き合ったことあるの?』『その歳で彼氏いたことないとかヤバ』『自分の顔鏡で見たことあるのかよ』などと、ずっと人からマウンティングされていた場合に、このように承認欲求が高くなってこのような行動をする場合があります。

(3)不倫をしているので公にはできない

明らかにこの料理と写っているのは男性…。

ここまでするなら「#彼氏できました」と明言してよ!!と思いますよね。

しかし、不倫をしている場合には公には絶対できません

慰謝料を請求されるリスクがあるためですね。それでも自分は彼と一緒にいて幸せだし、絶対にバレてはいけないけれど、この空間(SNS上)であれば周りが「私に彼氏ができた」って思ってくれるし、やっぱり不倫であっても交際関係は成り立つと謎の余裕を持ってしまう場合もあります。

不倫などの場合には、相手の存在を突き止められては困るけれど、付き合っていることは認めてほしいので明らかな匂わせ女子になります

もしかしたら、不倫以外にもSNS上でも明言できない事情や理由があるのかもしれません。

(4)友達がとっても少ない/嫌われている

「彼氏(いい人)ができた」「結婚した」など、本来は匂わせる必要はなくその存在がいることに対する喜びなどは仲のいい友達に聞いてもらって、一緒にのろけ合えばいいだけの話です。

しかし、それをせずにあえて不特定多数の人間が見るSNSにアップしてしまうのは、友達がいなかったり、あるいは友達はいても嫌われているため、自分から誘っても遊んでもらえないという寂しさからきている可能性もあります。

そして嫌われていることを自覚している彼女たちは「私を嫌うあなたたちは嫉妬しているんでしょ?こんなに男性に好かれえている私に♡」と自分を守るためにも匂わせ画像をアップし続けるのです。だから、その写真が彼氏だろうと、男友達だろうと全く関係のない男性であっても紹介してしまうのです。

実際に会ったこともないネットでしか繋がれない人にしか反応してもらえなかったり、心を満たしてもらえないなんて、なんだかかわいそうと同情してしまうのと同時に深い闇を感じますよね。

(5)批判でもいいから反応してもらえることが嬉しい

あなたがSNSにアップしたお気に入りの写真を全然知らない人に批判されたらどうでしょうか?当然イラっとしたり、悲しい気持ちになりますよね。

しかし、匂わせ女子はここが違います!匂わせ女子にはこの批判でさえ嬉しいと捉えている可能性があります。

どういうことかというと、リアルの友達からの反応が皆無だったりフォロワーからの反応もない中で、批判でも何でも「私を見てくれる人がいる♡」という風に思考が生まれるのです。

たとえば、飲み屋さんのカウンダ―で一人で飲んでいるおじさん。どんなに拒絶されても、絡み続けてくるのは、嫌な顔をしても話を聞いてくれたり、怒ったとしても“怒っているという反応”で相手にしてもらえてうれしいという、なかなか理解しがたい思考があるからです。

匂わせ女子は、ある種のかまってちゃんと言っても過言ではありませんね。

(6)自分はとても優秀で特別な存在だと思い込んでいるから

匂わせ女子はなぜか“他の人よりも神的で特別な存在である”思い込んでいることが多いです。

私自身の周りにいる匂わせ女子を観察していると、なぜか「他の女性よりも才色兼備」「自分の価値は他の女性の比ではない」というような振る舞いや話をしているのです。

女性は誰か一人に愛されている実感を持っていれば、自分は特別だと思ってしまうかもしれませんが、それをネット上で、しかも不特定多数の誰かに向けてはアピールしません。

不特定多数の誰かに認めてもらいたいと考える時点で、承認欲求の塊と考えてもよさそうですが、世間の反応はその考えとは反対で冷ややかです。

どんなに周りの反応が冷ややかであろうと、「自分は本当にいい女で特別なのだ」という考えが間違っていることが理解できずに、なんとか周りの反応を自分が考える「すごい」「さすが○○さん♡」という尊敬の対象になるように匂わせ女子を続けるのです。

しかし、あまりにも匂わせ女子を続けるあまりに、自分の本来の生活レベルが追い付かなくなり借金をしてしまう女子までいるので、この“匂わせ”を続けていけるのも努力の賜物なのかもしれません。

(7)特に意味はない

何かを匂わせているような写真やつぶやきなどのコメントを見かけるたびに、「何なの?」「これって私に喧嘩をうってる?」と思ってしまうかもしれません。

もしかしたら、本人は何の意図もなく、何も考えずに写真をアップしたりつぶやいているだけの可能性があります。

匂わせ女子の目的と特徴をご紹介してきましたが、意外と「(7)特に意味はない」という場合も多いので、SNSを見る側も過剰に反応しすぎないように注意する必要があるかもしれません。

不倫にハマった匂わせ女子は妻に喧嘩を売って優越感に浸っている?

匂わせ女子は「彼氏ができたの?」「いいことあったの?」など、自分の近況を自ら(言いたいけれど)言えないので、写真やハッシュタグで意味深なコメントを書くわけです。

ちょっと理解に苦しむところではありますが、不倫をしている匂わせ女子は奥様であるあなたにも自分の存在を気づいてほしいので、何かしらSNS上で匂わせ発言をしている場合があります

SNSへ投稿する際に写真だけでなく、コメントを書くときにあいうえお作文のように“縦読み”で何かを匂わせたりするわけです。

芸能界の匂わせでは、唐田えりかさんが縦読みで東出さんへのメッセージを送っていた(これは偽アカウントでしたが…)、東出さんにそっくりな絵にキスする写真をアップするなど、杏さんに喧嘩を売っていると捉えられても仕方のない写真をアップしたりしていますよね。

唐田さんは令和の匂わせ女子と言っても過言ではないでしょう。不倫関係が始まったのは、彼女がまだ10代の時だったわけですから、きっと“彼氏”という存在を存分にアピールしたいお年頃でもあったと思います。

だからと言って、不倫関係を世間にさらすような投稿や相手の奥さんに対して失礼な投稿をするのは、意味が分かりません。

どんなに好きになってしまったとしても、妻子持ちの相手ということは一般人とは違い完全に分かっていたわけですから、彼女が今後いばらの道から復活するのか見所ですね。

話がそれましたが、これは芸能界だけの話ではなく、ごく普通に起こることです。

ご主人と不倫相手のインスタを見つけることができれば簡単に探ることができますが、しっかりご主人の時計や靴、お財布などあなたなら「これ主人だ!」と絶妙に分かる何かと一緒に登校している場合が多いでしょう。

匂わせ女子はあなたに自分の存在を気づいてほしいので、わざとそんなまどろっこしいことをするのです。

コメントには「彼氏って例の?」「まだ続いてたの?」などの呆れたような、その投稿を楽しむようなコメントもあるかもしれません。そういったコメントを書いている人には、不倫関係であることを明かしているかもしれませんが、あくまでも自分からは「彼氏はいるけれど既婚者です♡」なんて絶対に書きません

あくまでも匂わせて楽しんでいるだけなので、もしもあなたが不倫相手と思われる女のSNSに「一緒にいるの私の旦那ですよね?何してるんですか?」などと書き込んでしまえば、匂わせ女子は焦るどころか、ようやく自分の存在を“奥さん”という絶対的立場の人に認識してもらえたことが嬉しくて、さらに挑発をしてくる可能性があります。

例えば、ラブホテルでことを終えた後にうたた寝をしている旦那さんの写真を撮影し、モザイクをかけてはいるが見る人が見れば絶対にわかるような“ほくろ”をワザと見える位置にして載せていたり、奥さんにプレゼントしたのと同じ時計を買ってもらい、それをアップして「どっちが似合う?」などとハッシュタグをつけたりするのです。

このように投稿した後に、奥さんであるあなたの反応がどうなのかを楽しんだり、反応次第では“自分の方が愛されている”と謎の自信を持つのです。

あなたが焦れば焦るほど、いかに自分が旦那さんに大事に愛されているのか見せつけたいけれど、相手(旦那さん)のことを考えるとハッキリ書くことはできないので、さらにエスカレートした匂わせに走り、あなたにストレスを与えてくるのです。

こういった匂わせ女子を構えば構った分だけ、こちらの体力が吸い取られていくことは間違いないでしょう。

匂わせ女子を退治するには?

こんな匂わせ女子に「やられっぱなしなんて絶対に嫌!!」と思うかもしれません。

では、この匂わせ女子をどのように対峙する方法があるのかを紹介していきますね。

(1)無視・放置・相手にしない

これだけ見てしまうと、なんだか自分が性格悪くなってしまったような感覚人なるかもしれません。

でも、そんなことにはなりませんので安心してくださいね!

この場合の無視は、嫌いだから話しかけないでおこう…ではなくて「存在自体の無視」です。言ってしまえば、電車でたまたま隣に居合わせた人の存在は感じていても、基本無視ですよね。

これをするだけです。

何かをされる度に反応していてはこちらも疲れてしまいますので、何か匂わせ女子が仕掛けてきたとしても、無視するのが、一番簡単な対処方法です。

不倫にハマっている匂わせ女子に正論を言ったところで、彼女たちは自らが作ったお花畑の中にいるので、直ぐに不倫をやめたりはしないので、一度噛みつきたい気持ちをグッとこらえて放置することをおすすめします

しかし、匂わせ女子たちは、ある種の“かまってちゃん”なので、放置されたことによって行動がエスカレートする可能性があります。もちろんSNSの投稿ももっときわどいものになったりする場合もあるかもしれません。

あなたが匂わせ女子と距離を置いておけば、あなた自身はそれに巻き込まれることはありませんしあまりにエスカレートした行動をとれば、今まで匂わせ女子を応援していた人も愛想をつかすなど、勝手に自爆してくれますので、その時まで放っておきましょう。

またかまってほしいがために、「アピール」や「マウンティング」をしてくる場合もあります。反応してしまうと、それが批判的であろうとなかろうと、喜んでしまうので、元からウザいな…とおもっていもそのウザさがエスカレートしてくる可能性があります。

こちらから立ち向かわずに、一切反応しないことで匂わせ女子が勝手に去っていく可能性もあるのでおすすめです。

「この人の奥さん、全然旦那さんに興味ないんだな~。つまんない…次の人探そ♡」となれば、もうこのストレスからは解消されるでしょう。とはいえ、不倫をしてしまった旦那さんにはお灸をすえる必要がありますけどね!

(2)慰謝料を請求する(法律に裁いてもらう)

「匂わせ女子」なんてかわいい名前がついていますが、やることはやっています

普通の不倫とは違ってプラトニックな関係だと思っている方もいるかもしれませんが、肉体関係を持っている場合の方が多いのです。

匂わせ女子は、知っている人にはその人が誰か特定できるような“何か”を写真でアップしてくれているので、SNSの写真をもとに不倫調査をすることは、十分に可能でしょう

もっと言ってしまえば、SNSに多くの写真をアップしているのですから、行動を把握しやすいという一面もあります。

旦那さんとの再構築を望むのか、離婚を望むのかにもよりますが、どちらにせよ匂わせ女子に鉄槌をくだすには法的な裁きを下すのが一番です。

慰謝料請求を少しでも考えるのであれば、浮気の証拠をしっかりと集めることをおすすめします。

「証拠集め?弁護士に依頼するんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、弁護士は浮気の証拠、しかも法的に有効なものでないと動いてくれません

それにSNS上に記載している情報が嘘の場合もありますので、探偵であれば素行調査もしてくれるので匂わせ女子の化けの皮を剥がすこともできるかもしれません。

「東証一部上場の××で人事のお仕事をしています♡」なんてことも嘘かもしれませんよ。

探偵に依頼するのが一番早く確実ですが、いきなり依頼するのは少しハードルが高いという場合には、無料相談をしてみることをおすすめします。

以下の記事も慰謝料の相場や請求額を高くする方法をまとめていますので、気になる方は参考にしてみてください。

不倫や浮気の慰謝料相場はいくら?請求できる条件と高く獲得する方法

まとめ

匂わせ女子について書いてきましたが、あなたの周りにもいましたか?

彼女たちは公けにできないような恋愛を意図せずしてしまっている場合もありますし、自ら進んでその恋愛を選んでいる場合もあります。

同情できる事ではありませんが、匂わせの行動自体が人からはあまりよく思われないのにそれしか方法がないので少しだけかわいそうだなと思ってしまいました。

ですが、誰にも害がないようなことであればどんなに匂わせてもいいかもしれませんが、不倫は人の道を外れた最低な行為です。それを匂わせて楽しんでいたり、奥様に喧嘩を売って優越感に浸るなど、言語道断です。

もしも、この匂わせ女子と旦那さんが不倫関係にあるのであれば、しっかりと世の中を分からせるためにも、第三者(探偵や弁護士)の力を借りて成敗することを強くおすすめします。

匂わせ女子は、かまってくれる人への執着も強い場合がありますので、あなた一人だけで解決するのは難しく、危害を加えられる可能性があることも頭に入れておいてくださいね

もしも、このまま夫婦関係に一切波風を立てずに過ごしたい場合には、「無視・放置・反応しない」ということをつらいかもしれませんが、徹底してください。

それでも、涙が止まらなくなったり、身体に何かよくない反応がでてしまったら、相談できる環境を探してみてください。

匂わせ女子の遊びなんて、いつか終わります。その時に後悔のない選択をしてくださいね。

監修者 MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓
監修者MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓

2003年総合探偵社・株式会社MRを設立。浮気調査や人探し、信用調査、企業調査、裁判証拠収集などの基本的な探偵業務に加えて、夫婦間の問題には心のケアが必要という考えから、業界初の「カウンセリング担当制度」を 導入。その新しい視点が反響を呼び、探偵業界で売上 No.1を達成。2008年専門的技術を備えた探偵 を育成するためにMR探偵学校を開校し、学長に就任。
2017年一般社団法人日本ライフメンター協会を立ち上げ、理事に就任。ラジオ日本では「岡田真弓の未来相談室」のパーソナリティーとして出演中

 - コラム, 離婚・慰謝料 , , , , ,

\ご来社で2000円のQUOカードもらえる!/
【5年連続業界No.1】MR探偵社はコチラ