浮気調査・不倫調査PRESS

自力での浮気調査方法や浮気調査の料金・費用相場や実績などを紹介

素行調査とは?気になる調査内容・料金・探偵事務所の選び方を解説

「一人暮らしの娘は元気にやっているだろうか」
「夫のギャンブル癖は治っているのか」

「素行(行動)調査」とは、調査対象者が普段どこで何をやっているのかを調べることを言います。浮気調査も素行調査の一種ですが、それと比べるとより範囲の広い調査が行われます。そこで今回は、素行調査とは何か、その調査内容や料金について解説します。探偵事務所の選び方もご紹介するため、ぜひ参考にしてください。

1.素行調査の具体的な内容

素行調査では、調査対象者の普段の行動を確認することにより、その人物の性格や人間性を知ることが可能です。一見すると素行調査とは関係ないと思われるような不安や悩みでも、依頼することで解決することがあります。

(1)素行調査でできること・できないこと

素行調査だけではなく、探偵に依頼される相談内容全般に言えることですが、「違法」な調査は行えません。ここで言う違法行為とは、「他人の敷地内に入る」「他人の敷地内にカメラを設置する」「他人の車にGPSを設置する」などを指します。つまり、これらの行為をせずに調査対象を「尾行」や「聞き込み」などにより、調査するのが素行調査となります。

また、他人の生活を害する調査も行えないため、「犯罪に加担するような調査」「ストーカー被害につながるような調査」も行いません。探偵業法では、他人からの依頼による「尾行」や「聞き込み」、それに伴う実地調査などは法的に認められているため、安心してご依頼ください。

(2)具体的な調査内容

素行調査では、調査対象者の「時系列の行動」「立ち寄り先」「出会った人物」などが分かります。自宅や勤務先以外では、どのような場所に出入りをしていて、どのような人物と会っているのかが判明するため、普段は目にすることのない光景を書面や音声、または映像で確認することが可能です。

たとえば、浮気調査の場合には、〇月〇日の〇時〇分に浮気相手と〇〇ホテルへと入っていき、〇時〇分にホテルを出たということが分かるだけではなく、その浮気相手がどこに住んでいるどのような人物であるのかも調査します。一定期間は素行調査が行われるため、調査対象者はほぼすべてを丸裸にされるも同然の調査となっています。

(3)素行調査の流れ

素行調査の大まかな流れは、「①面談予約→②依頼の可否を決定→③契約書類作成→④調査料金の支払い→⑤調査・経過報告→⑥報告」という流れで行われます。

①面談予約

素行調査をご依頼される場合には、まず予約制にて「ご相談日」を決定します。ご都合の良い場所と日時を決めますが、もちろん探偵事務所内でも構いません。

②依頼の可否を決定

面談時に「依頼内容」「調査料金」などについて話し合い、依頼の可否を決定します。

③契約書類作成

双方が納得し依頼することに決定した場合には、「調査委任契約書」を作成します。これは複写となっているため、「調査委任契約書の控え」と「重要事項説明等控え」の各1通ずつを保管しておきます。この調査委任契約書には、「調査内容」「調査料金」「調査日数(時間)」「調査方法」「調査結果の報告方法」などが記載されているため、しっかりと確認するようにしてください。

④調査料金の支払い

調査料金の支払いについては、各探偵事務所により異なります。「前払い」「後払い」「分割払い」など、事前に確認するようにしてください。

⑤調査・経過報告

調査委任契約書にもとづき、決められた日時・場所から決められた日数の間に調査が行われます。依頼者のご要望によっては、毎日その日の進捗を電話などで報告することも可能です。

⑥報告

素行調査終了後、おおよそ1週間程度で「素行調査に関する報告書」が完成します。

2.素行調査に必要な料金

素行調査における調査費用ですが、各探偵事務所により大きく異なります。しかし、料金体系については同様のものが多く、大きく分けて2種類の料金プランがあります。

(1)料金の種類

料金プランには、大きく分けて「一律料金」と「時間料金」があります。それぞれ項目別に特徴を比較しながら見ていきましょう。

①一律料金

この一律料金とは、たとえば30日で30万円のように、料金と調査期間がセットになっている料金体系です。具体的にピンポイントで調査日時を指定できる調査内容であれば必要ありませんが、たいていの素行調査では一定の調査期間を要します。

一律料金プランのメリットは、普通に依頼するよりも「調査料金が低額で期間も長め」となっていることが挙げられます。しかし、デメリットもあります。たとえ30日で依頼したとしても、数日で結果が出て調査終了となってしまった場合、それでも30日分の料金を支払う必要がある点には注意しましょう。

②時間料金

時間料金プランは、前述した一律料金プランとは異なり、1時間いくらという調査料金の設定がされています。たとえば、素行調査で浮気の有無を調べるために、出張する3日間だけ素行調査を依頼するといったケースでおすすめの料金プランです。

短期間で終わる調査内容の場合には、この時間料金プランで依頼したほうがよいでしょう。しかし、短期間で終わらなかった場合には、一律料金プランと比較しても高額となるケースがあるため注意が必要です。それぞれのプランでメリットとデメリットがあるため、調査期間が長くなりそうな場合には「一律料金プラン」、逆に短期間で終わりそうな場合には「時間料金プラン」と覚えておきましょう。

(2)追加料金が必要な場合もある

大手の探偵事務所では、調査費用の明確化が進んでおり、不明瞭な費用は発生しないシステムとなっています。しかし、素行調査の状況次第では、「追加料金」が発生する場合もあるため、どのような場合に追加料金が発生するのかも覚えておきましょう。たとえば、調査期間中に遊園地などの「アミューズメントパーク」に入場した場合です。このような場合、調査員も入場しなければ施設内で何が行われているのかが把握できないため、もちろん入場する必要性が生じます。

また、レストランなども同様です。レストランの店内でそのような会話や行為が行われているかも重要なため、決定的瞬間を逃すことのないように調査員も入店する必要があります。ちなみに、この際に入店したレストランが高級店であったとしても、最低限の飲食代は支払う必要があるため覚えておきましょう。

(3)調査料金を安くする方法

素行調査における調査料金は、決して安いわけではありません。しかし、調査料金を安くする方法もあるため、可能な限り実践してみることをおすすめします。

①調査目的を明確にする

まずは、探偵事務所に依頼するにあたって、「調査目的」を明確にしましょう。調査目的があいまいなままだと、「調査内容」や「調査期間」、「調査場所」なども抽象的になってしまい、延々と調査を続けることになってしまいます。具体的な調査目的であれば、調査期間の短縮や調査料金の軽減へとつながります。

②調査対象の移動手段を把握する

調査料金を安く抑えるためには、調査対象の移動手段を把握しておくことも大切です。なぜなら、調査対象が「バイク」「電車」などを使用する際には、うまく尾行しなければ見失いやすく、事前に把握していなければ余計な交通費用と時間が発生するからです。最低限でも普段の移動手段は把握しておきましょう。

③調査の日時・期間を決める

事前に具体的な調査の「日時」や「期間」を決めておく必要があります。ざっくりとした日時や期間で素行調査を始めてしまうと、目的を達成するまでに調査期間が間延びしてしまう恐れがあります。日時や期間を決めておくことにより、短期間で集中的に成果を上げやすいでしょう。

④調査員の人員を調整する

探偵事務所では、常に依頼内容に適した「調査員の人数」「調査期間」「移動手段」を提案してくれますが、予算次第では調査員の人数を調整することも可能です。調査料金の支払いに不安がある場合には、思い切って調査員の人数調整を申し出ることをおすすめします。

⑤複数社で見積もりをする

探偵事務所に依頼する前に、複数社から「見積もり」をとったほうがよいでしょう。一度に複数社からの見積もりがあれば、各探偵事務所の調査料金を比較することが可能であり、その中からもっとも安い調査費用の探偵事務所を選べます。もちろん調査料金だけではなく、「面談時の対応」「料金設定の明確さ」なども考慮するとよいでしょう。

(4)調査料金の支払い方法

調査料金の支払い方法については、各探偵事務所により異なりますが、大きく分けると3種類に分けられます。

①前払い

依頼時に調査料金を「全額支払う」というケースは稀です。基本的には、「着手金」と呼ばれる調査のための準備金を前払いし、調査報告時に残りの調査料金を支払うというスタイルが多いです。

②後払い

調査料金をすべて後払いにする方法です。事前に調査料金を支払っていないことから、柔軟な調査を可能としますが、あまりに柔軟に対応しすぎると調査料金が高額となるケースがあるため注意しましょう。

③分割払い

調査料金を月々の分割払いで支払っていく方法です。数ヶ月に及ぶ素行調査の場合、多くは100万円を超える調査料金となることが多いため、事前に分割払いに対応しているのかを確認しておきましょう。

3.探偵事務所の選び方

探偵事務所を選ぶ際には、絶対に見落としてはいけないポイントがいくつかあります。「探偵業の届け出」「過去の実績」「明確な調査料金」「アフターサービスの有無」など、信頼できる探偵事務所を見つけましょう。

(1)探偵業の届け出を行なっているか

探偵業を営むためには、「探偵業開始届出書」「誓約書」などを公安委員会へ提出する必要があります。これを提出していなければ探偵業を営めませんので、まずは国から認められた探偵事務所であるかどうかを確認しましょう。

(2)社歴・実績の確認

探偵事務所としてスタッフの対応やシステムがしっかりとしていれば問題はありませんが、「社歴」や「実績」が豊富なほど安心感につながります。社歴が長ければそれだけ多くの調査をこなしており、実績が豊富なほど、あらゆるジャンルの調査にも対応できる柔軟性があります。

(3)調査料金は適正かどうか

前述した複数社の見積もりを参考にしながら、依頼予定の探偵事務所で設定されている調査料金が適性かどうかを判断しましょう。追加料金やキャンセル料金については明確にされているのか、料金内訳はひとつひとつ明記されているのかなど、しっかりとチェックしてください。

(4)アフターサービスの有無

探偵事務所では、素行調査などの依頼を引き受けるだけではありません。各探偵事務所により異なりますが、「男女問題専門のカウンセラー」や「弁護士事務所」と提携している探偵事務所もあります。素行調査の結果、夫の浮気が判明した場合でも、「慰謝料請求」や「親権問題」、「浮気による精神的ショック」など、あらゆるケースでアフターサービスが可能となっています。

まとめ

今回は、素行調査の内容や料金、探偵事務所の選び方について解説しました。「知りたい」という欲求や「気になる」という不信感から素行調査は始まります。あなたには「知る権利」があるため、不安や悩みを抱えているのであれば、ぜひお近くの探偵事務所までお気軽にご相談ください。

監修者 MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓
監修者MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓

2003年総合探偵社・株式会社MRを設立。浮気調査や人探し、信用調査、企業調査、裁判証拠収集などの基本的な探偵業務に加えて、夫婦間の問題には心のケアが必要という考えから、業界初の「カウンセリング担当制度」を 導入。その新しい視点が反響を呼び、探偵業界で売上 No.1を達成。2008年専門的技術を備えた探偵 を育成するためにMR探偵学校を開校し、学長に就任。
2017年一般社団法人日本ライフメンター協会を立ち上げ、理事に就任。ラジオ日本では「岡田真弓の未来相談室」のパーソナリティーとして出演中

 - 料金・費用, 調査方法, 選び方

\ご来社で2000円のQUOカードもらえる!/
【5年連続業界No.1】MR探偵社はコチラ