浮気調査・不倫調査PRESS

自力での浮気調査方法や浮気調査の料金・費用相場や実績などを紹介

【徹底解説】自分に合った大手の探偵事務所の選び方と注意点


「まさか探偵に依頼する日が来るとは」

そう思っている方も多いのではないでしょうか。今ではさまざまな方からの依頼も増えており、企業であれば「社員の不正問題」から「ライバル企業の動向調査」、個人であれば「浮気や不倫の尾行調査」から「家出人の捜索」まで、あらゆるジャンルに幅広く対応しています。そこで今回は、どのような基準で探偵事務所を選べばよいのか、選ぶ際に気をつけるべきポイントはあるのかを中心に解説します。

1.自分にあった探偵事務所の選び方

まずは、あなたが探偵事務所に依頼したい内容をはっきりとさせましょう。「浮気問題」「失踪問題」「内偵調査」など、目的別に選ぶことが大切です。調査に必要な「予算」は各探偵事務所により異なり、それぞれで料金体系が設定されているため、自分の悩みにマッチする探偵事務所を選別する必要があります。

(1)調査の目的を明確にする

調査の目的を明確にする理由として、探偵事務所には「得意な調査」があることが挙げられます。もちろんジャンル問わず調査を行うことは可能ですが、浮気であれば浮気調査の経験豊富な探偵事務所に依頼するほうがよいでしょう。実績があるということは、予期せぬアクシデントにも柔軟に対応できるだけの力があることを証明しています。

(2)調査に必要な予算

調査費用は各探偵事務所で大きく異なります。「調査難易度」や「必要人員数」、「調査期間」などによって調査費用は算出され、10万円前後から100万円越えまで総額は変動します。相場はと言うと、平均的には30万円から50万円前後は見ておくとよいでしょう。

(3)料金体系について

各探偵事務所では、それぞれの依頼内容に合わせて選べる「料金体系・料金パック」が用意されています。つまり、普通に依頼するよりも費用負担が軽く済むプランとなっています。

①時間料金プラン

たとえば、「時間料金プラン」であれば、調査員1名に対して1時間で1万円前後の料金体系となっており、浮気調査を2名体制で1日8時間行い、それを1週間行ったとすると、合計で112万円の調査費用がかかる計算となります。料金計算は簡単ですが、日数が多くなれば費用も増えるため、あらかじめ「夫の出張」や「妻の同窓会」など、ピンポイントで利用するとよいでしょう。

②成功報酬プラン

これは依頼時の基本金である「着手金」や「諸経費」に加えて、その調査に成功した際に「成功報酬」をプラスして支払うプランです。成功報酬の相場は30万円から60万円ほどですが、これも各探偵事務所により異なります。また、調査の結果、浮気や不正の事実がなかった場合はどうなるのかと言うと、存在しない事実は見つけようがないため、調査失敗とはなりません。事前にどうなれば調査成功であるのかは、探偵と打ち合わせをしておく必要があります。

③パック制プラン

これは依頼費用を定額にすることで、それ以上は原則として費用が発生しないプランのことです。つまり、20万円で1ヶ月に15時間稼働、60万円で3ヶ月に60時間稼働のような形をとります。決められた期間内で調査が終わらない場合には、「期間延長」することも可能です。もちろん期間延長する際には「延長料金」が発生しますが、30分単位なのか1時間単位なのかは、各探偵事務所により異なります。たとえば、浮気をする日時は分からないが、おおよその目安が付いている場合などには適したプランです。

④支払い方法

基本的には、調査料金を「全額前払い」することが多いですが、状況に合わせて「着手金」を始めに支払い、報告時に残金を支払うといった対応も可能です。また、クレジットカードでの「一括払い」や「分割払い」にも対応しているため、まとまった資金を用意していなくても急な依頼に対応できます。

(4)カウンセラーや弁護士と提携

探偵事務所の多くは「専門カウンセラー」や「弁護士事務所」と提携しているところが多いため、不倫問題で精神的に病んでしまった心のケア、慰謝料請求や親権についての相談など、あらゆる面からサポートできます。

2.大手探偵事務所は信頼できる?おすすめできる理由

平成19年に「探偵業法」が施行されて以来、悪徳業者と呼ばれるような探偵事務所は廃業に追い込まれました。大手の探偵事務所が世間に広く知れ渡ったのには、しっかりとした理由があります。なぜ大手の探偵事務所が信頼できるのかをご覧ください。

(1)積み重ねた信用がある

大手とは単純に探偵事務所としての規模が大きいだけではありません。これまでに探偵業で培ってきた経験と実績があるからこそ、そこに依頼者様の信用が生まれます。その信用が積み重なることにより、口コミや評価として世間に広く知っていただける大手となり得ます。

(2)調査実績・知識・経験が豊富

確かな調査実績、優れた知識、積み重なる経験があるからこそ、次の依頼者様のご相談につながります。知識と経験が豊富であれば、調査時に万一トラブルが発生しても柔軟に対応可能であり、調査失敗のリスクも限りなくゼロに抑えられます。

(3)有能な調査員・機材が揃っている

探偵業務では、「調査員のスキル」や「最新の機材」も成果に大きく影響を与えます。調査員のスキルが高ければ、難易度の高い依頼も短期間で成果を上げることが可能です。また、探偵業に使用する機材も年々進化を遂げているため、優秀な機材は積極的に取り入れています。

(4)調査料金が明確・低価格の場合がある

大手探偵事務所と聞くと、調査料金も高額ではないかとイメージされている方も多いのではないでしょうか。実はその逆であるケースが多く、大手探偵事務所ほど調査料金が「明確」かつ「低価格」であることが多いです。なぜなら、これまでの調査実績から依頼内容ごとに適切な料金体系をご案内できるだけでなく、ケースごとに料金計算も明確化されているため、余計な費用や不明瞭な費用が発生しないからです。

(5)無料相談を採用している

初めて探偵事務所を利用される方にも安心な「無料相談」を実施しています。各探偵事務所により30分から1時間と異なります。

(6)カウンセラー・弁護士との提携によるアフターフォロー

探偵事務所では、依頼内容についての相談や調査だけではなく、男女問題に傷ついた心のケアや慰謝料請求・親権問題などに関する法的アドバイスまで実施しています。これらは探偵事務所と提携している「カウンセラー」や「弁護士事務所」にて受けることが可能です。

(7)全国に支店を持っている

全国に支店を展開している大手探偵事務所には、他の探偵事務所では真似できない調査方法があります。それは、県をまたぐような大掛かりの調査になった場合、各支店と連携した人海戦術が展開できます。また、各支店の調査員はそのエリアの立地条件や環境にも精通しているため、より効率的な調査を可能とします。

(8)大手探偵事務所ならではのデメリット

大手探偵事務所ほど、優秀な調査員がそろっていることが多いため、全体的には調査費用が高めに感じることは否めません。しかしながら、料金体系が明確であるため、依頼内容に適したプランを選ぶことで費用対効果は見込めます。

3.注意!個人や私立探偵事務所と大手の違いについて

なぜ大手探偵事務所を選ぶことがプラスに働くのか、個人や私立探偵事務所と比較してみると明確です。

(1)調査能力に開きがある

個人や私立探偵事務所では、事務所により「調査能力に開き」が見られます。もちろん優秀な探偵は在籍していますが、少人数であることや優秀な調査員が担当ではない場合、調査期間が延びるため調査料金に影響します。

(2)料金が大手の方が低価格

一部の探偵事務所では、諸経費を初期費用に含めていないところもあるため、調査報告時には聞いていた金額の何倍もの数字になっていることも珍しくありません。また、調査期間が終了した際に「自動延長制」としている探偵事務所もあるため、知らぬ間に調査料金が増えているケースもあります。大手探偵事務所の場合には料金設定が明確かつ良心的であるため、聞いていた金額と違うというケアレスミスは起きません。

(3)アフターフォローの違い

大手探偵事務所では、長年の実績から依頼主のアフターフォローも充実しています。たとえば、依頼後に慰謝料請求はどのような流れで行えばよいか、社員の不正を見抜いたがどのように対処すればよいかなど、ケースごとにその後の流れまで相談に乗ってくれます。

4.複数の大手事務所に相談する場合に行うべきこと

探偵事務所に依頼する場合には、複数の大手事務所に相談しに行くことがおすすめです。

(1)見積もりを依頼して比較検討する

複数の探偵事務所に相談しに行くことで、それぞれの料金設定が分かります。各探偵事務所で「見積もり」を出してもらえれば、あとはそれぞれを比較検討することで、もっとも良心的な調査料金を選択することが可能です。もちろん調査料金がすべてではありませんが、費用負担が大きくて依頼できなければ意味がありません。

(2)面談時の対応を確認する

探偵事務所では無料相談を実施しているところが多いため、それを活用し「面談時の対応」を確認しましょう。面談時に親身になって相談に乗ってくれる探偵事務所であれば問題ないでしょう。しかし、あまり意思の疎通ができていない、話をきちんと聞いていないなど、少しでも気になる点があれば依頼することを保留すべきです。

まとめ

今回は、大手探偵事務所の選び方や注意点について解説しました。大手だから調査料金が高いというわけではありません。個人や私立探偵事務所で相談後に大手探偵事務所を訪れたときに分かります。もっとも大切なことは、いかに「良心的な調査料金で成果を上げる」かです。今あなたが悩んでいる時間を、1秒でも多く将来に向けての明るい希望に変えてみませんか。

監修者 MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓
監修者MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓

2003年総合探偵社・株式会社MRを設立。浮気調査や人探し、信用調査、企業調査、裁判証拠収集などの基本的な探偵業務に加えて、夫婦間の問題には心のケアが必要という考えから、業界初の「カウンセリング担当制度」を 導入。その新しい視点が反響を呼び、探偵業界で売上 No.1を達成。2008年専門的技術を備えた探偵 を育成するためにMR探偵学校を開校し、学長に就任。
2017年一般社団法人日本ライフメンター協会を立ち上げ、理事に就任。ラジオ日本では「岡田真弓の未来相談室」のパーソナリティーとして出演中

 - 選び方

\ご来社で2000円のQUOカードもらえる!/
【5年連続業界No.1】MR探偵社はコチラ