浮気調査・不倫調査PRESS

自力での浮気調査方法や浮気調査の料金・費用相場や実績などを紹介

浮気調査に強い探偵事務所の探し方やトラブルの避け方を徹底解説

浮気調査を頼む場合、できるなら信頼できる探偵事務所を選びたいものです。ところが、探偵は日頃の生活において馴染み深い存在ではありません。そのため、浮気調査を得意とする探偵事務所をどう探せばいいのかわからないという方も多いでしょう。

実は、探偵事務所の選び方によって調査の質や結果、料金は大きく左右されます。よくわからないままに探し、不用意な選び方をしてしまうと、最悪の場合は調査失敗ということにもなりかねません。そこで、この記事では浮気調査を得意とする探偵事務所の探し方を徹底解説します。

探偵事務所を探す4つの方法

探偵事務所の探し方は、突き詰めれば4つの方法に限られます。以下では、探偵事務所を探す方法についてご説明します。

(1)人からの紹介

第1に、人から紹介してもらう方法があります。探偵事務所に依頼したことのある人物に、おすすめの探偵を教えてもらうのです。顔の見えない誰かによる口コミやレビューに比べ、少なくとも紹介してくれた相手は実際にその探偵事務所を利用したことがあるという点で、信用性は高いとも言えるでしょう。

ただ、浮気の状態や当事者の状況はそれぞれ異なるため、紹介してくれた方の浮気問題が簡単に解決したとしても、それがあなたにそのまま当てはまるとは限りません。調査が難航する可能性や、あなたと探偵との相性がよくないことも考えられます。紹介してもらった場合でも、探偵事務所との話し合いや契約内容の確認は怠らないようにしましょう。

また、浮気はプライベートな問題ですので、そもそも人からの紹介というルート自体が極めて限られるという難点もあります。

(2)電話帳

第2に、タウンページやハローページといった電話帳で探す方法があります。インターネットメディアの発達により、現在では主流とは言えなくなりましたが、手近な事務所探しの手段としてはなお有用です。電話帳への掲載は、1電話番号につき1件目に限り広告料が掛からないため、調査料金に転嫁されないという利点があります。また、削除できない紙媒体に掲載されるという性質上、簡単に事務所が潰れたり夜逃げされたりといった心配も少ないと言えるでしょう。

ただ、電話帳の情報は事務所の住所と電話番号が中心となります。具体的な調査の方法や料金はわかりません。広告スペースは限られていますので、判断するための情報が少ないのです。調査内容や料金については、打ち合わせの際に詳しく確認する必要があります。

(3)書籍

第3に、探偵関係を扱った書籍(雑誌の探偵特集やノンフィクションなど)から探す方法があります。巻末などに探偵事務所の紹介が掲載されている場合があるためです。書籍に掲載されるほどの事務所には一定の知名度もあり、ブランドや信用性を大切にする傾向があります。

とはいえ、たとえば雑誌のインタビューなどだけでは、社外秘の調査方法といった事柄は明かせませんし、詳細は連絡した上で面談のときに直接聞いたほうがいいでしょう。

(4)インターネット

第4に、インターネット上のウェブページから探す方法があります。現在ではこの方法がメインと言えるでしょう。検索サイトに「浮気調査」「探偵事務所」というキーワード、そしてお住まいの地域を入力すれば、最寄りの探偵事務所が出てきます。

インターネット上の情報は即応性があるため、最新の情報を反映させられるというメリットがあります。加えて、電話帳や書籍のように掲載情報が限られるというデメリットがなく、調査内容や問題解決の実績なども過不足なく載せられています。

他方で、良いことだけを宣伝して都合の悪い点を書かない、都合が悪くなるとページごと削除して逃げることができる、情報が多すぎて結局どの事務所を選べばいいのかわからない、といった問題もあります。インターネットで探偵事務所を探すのは手軽な方法ですが、指針を定めないといたずらに迷うだけです。以下では、Web上で最適な探偵事務所を探すためのポイントについて、具体的に確認していきましょう。

浮気調査に強い探偵事務所とは

浮気調査を依頼するには、浮気調査を得意とする探偵事務所を選びたいものです。では、どういった探偵事務所が浮気調査に強いと言えるのでしょうか。

(1)探偵事務所の行う仕事は様々

小説やドラマのように探偵が怪盗や殺人鬼を追うようなことは、ほぼありません。ただ、探偵事務所に持ち込まれる依頼はバラエティに富んでいます。代表例として、失踪人探しなどの行方調査、中途採用社員などの経歴調査、ストーカー探しといったものが挙げられます。およそ調査と呼べるものは、探偵の業務に含まれると言っても過言ではありません。ほとんどの探偵事務所では様々な調査を兼務しています。

(2)「浮気調査専門」の事務所について

中には、浮気調査を専門とする探偵事務所もあります。「専門」と言うからには、浮気調査に強いようにも思えるでしょうが、本当でしょうか。

確かに、浮気調査のみに特化すれば「専門」を謳うことは可能ですが、それは浮気調査以外の業務を一切行わないということです。一般に、いかなる調査であれ技術やノウハウには共通点もあり、それらは調査員がより多くの調査を行うことで磨かれていきます。これは手術の執刀経験の多い医者のほうが高い技術を持つのと似ています。つまり、調査を行えば行うほど経験が多くなり、質も向上する傾向にあるのです。

他方で、浮気調査に限定すると調査依頼の件数はそれだけ少なくなりますし、場数を踏む機会も減ります。したがって、最初から浮気専門としている探偵事務所が強いとは、必ずしも言えないところです。

(3)調査経験の豊富な探偵は浮気調査にも強い

浮気調査に強いとは、探偵が基礎的な調査力を持ち、専用の機材を有して、それを使いこなす技術があり、機会を逃さず確実に証拠を手に入れられることを言います。

基礎的な調査力や機材の使用技術は、ノウハウと豊富な経験によって培われます。専用の機材は、購入やレンタル、メンテナンスにお金が掛かるため、それなりの資本が必要です。つまり、調査依頼が多く資本面でも充実している大手の探偵事務所こそが、浮気調査にも強いと言えます。いい加減な調査をしていては、そもそも事務所の規模を大きく展開できないからです。

ただ、もちろん大手だからといって無条件に信じていいわけではありません。探偵事務所選びには、さらなるポイントがあります。

探偵事務所選びのポイント

探偵事務所を選ぶときには、大別して10のポイントがあります。それぞれ法令や契約の観点、実務の観点、心理的な観点から、チェックが不可欠なポイントと言えます。満足できる調査結果を得るためにも、確実に押さえておきたいところです。

(1)法令・契約上のチェックポイント

①探偵業法上の届出

探偵業には公的な資格こそありませんが、法律上の規制があります。契約においては民法や商法、そして業務に関しては「探偵業の業務の適正化に関する法律」(探偵業法)という法律によって規律されるのです。

探偵業法によれば、探偵業を営もうとする者は、営業所ごとに、当該営業所の所在地を管轄する公安委員会へ、必要事項を記載した届出書を提出しなければならないとされています。この届出を適切に行っていれば、探偵業届出証明書という文書が交付されます。その届出証明書には探偵業届出番号が記載されており、重複することはありません。届出番号がわかれば、地元を管轄する警察署や公安委員会に問い合わせることで、適正に手続きを行った探偵業者かどうかを判断できます。また、警視庁のWebサイトには業務停止処分の有無などが掲載されており、過去にトラブルがなかったかも確認可能です。

②提供サービスの説明

探偵業者が浮気調査においてどのようなサービスを提供できるかの説明は、事務所選びに欠かせません。提供されるサービスの説明は契約上も重要ですが、探偵業では法律上においても要求されています。これは、調査業務の内容があまり身近ではないのに加え、適正な方法や手順によって調査が行われるかどうかの確認を依頼者側ができるようにするという意味もあります。どういった手順で浮気調査をするのかを具体的に説明しようとせず、「絶対大丈夫です!」「信用してください」などと勢いで契約を迫ろうとするような業者は避けるべきです。

サービスの説明は、具体性とわかりやすさがあるかがポイントです。たとえば、「証拠が取れるまで張り付きます」というだけでは、どういう調査をして何が得られるのかが不明確です。調査報告書のサンプルなどを示しながら、実際にどういう方法でどういった証拠を手に入れるのかを丁寧に説明してくれる探偵事務所を選ぶようにしましょう。

③料金の説明

調査料金の説明は極めて重要です。浮気というプライベートな問題に絡むことなので、どこまで踏み込んで聞いていいかわからない、気後れするという方もいるかも知れません。しかし、業者側が料金を説明するのは契約上当然ですし、探偵業法においても「探偵業務の対価」と「依頼者が支払わなければならない金銭の概算額」、そして「支払時期」は契約を結ぶ前に説明しなければならないものとされています。特に、こういった料金の説明は書面を交付して行うものと定められているため、口頭だけで説明を済ませようとする業者は違法と判断していいでしょう。

また、料金説明の際に、稼働する調査員の数を実際よりも少なく見積もったり、調査日数を短めに想定したりすることで、安く見せかけようとする業者もいます。「着手金のみ」だとか「最短で調査が終わった場合」だとかではなく、最終的に依頼者はいくら支払えばいいのか、その総合計額をきちんと明確に示してくれる業者を選びましょう。もちろん、調査の進み具合によっては料金に一定の幅が生じる場合もありますが、しっかりした業者ならその理由や目安額も説明してくれます。

(2)実務上のチェックポイント

①機材の質

浮気調査を行う上で重要なのが、調査員の能力と使用する機材の質です。いくらベテラン調査員だったとしても、解像度の低いカメラしか持っていなければ、裁判で使えるような証拠となる写真を撮影するのは非常に困難です。契約上の義務としては、必ずしも機材の説明までは要しませんが、なるべくどういった機材が用意されているのかは聞いておくといいでしょう。

ここでまともなカメラなり録音機なりを示せないような業者は、調査の精度にも疑問符が付きます。ピンぼけした写真やろくに聞き取れない音声を「証拠」として渡されることのないように、専用の機材や使用の仕方の説明は受けておくことをおすすめします。

②調査報告書の内容

浮気調査とは、調査員が口頭で「浮気はありました」「ありませんでした」と伝えるだけのものではありません。通常の探偵事務所であれば正式な報告書が渡されます。調査報告書には写真や動画、音声データなどが添えられており、浮気の事実があった場合は裁判で証拠とできるようにまとめられています。

調査報告書の質は、調査員の能力を量る指標でもあります。いくら機材が高性能なものであったとしても、それを使いこなし、報告書としてきちんとまとめる力量のない調査員の手にあっては意味がありません。

契約前の打ち合わせでは、裁判で証拠として用いることのできる報告書をもらえるかも確認しておくようにしてください。確認のポイントとしては、日付や時系列がきちんと記されており、配偶者や浮気相手の顔がはっきりと確認できる写真なり動画があり、ホテルへの出入りなど不貞行為(肉体関係)があったことを示す証拠があるかどうかです。

(3)心理的側面からのチェックポイント

①面談時の対応

中にはプライバシーの都合上、探偵と顔を合わさず、電話やメールだけで依頼を済ませたい方もいるでしょう。場合によっては、近くに探偵事務所がないという方もいるかも知れません。しかし、探偵業法によれば契約時に提供サービスの内容や料金などの重要事項について説明しなければならないとあり、面談を一切行わずに契約するのは事実上困難と言えます。面談は確かに手間も掛かりますし、心理的なハードルもあるかも知れませんが、依頼するかどうかを決める際の判断材料も多く得られます。

まず、顔を合わせて話すことで調査員の人柄や性格がある程度判断できるでしょう。きちんと質問に対して答えてくれるか、都合の悪いことを誤魔化さないか、不注意でないか、感情的ではないかといった点を確かめることで、調査員との相性をチェックできます。大手の事務所であれば、担当者を変えてもらうことも可能です。

次に、面談を探偵事務所で行うのであれば、事務所としての建物の所在地や実態が確認できます。事務所以外の、たとえば喫茶店などで面談を行おうとする業者は、警戒したほうがいいでしょう。個人でやっていて契約金を持ち逃げされたり、調査を別の事務所に丸投げしたりといった可能性もあるためです。面談はできれば事務所で行ってもらうようにしましょう。

②アフターフォロー

浮気調査の結果、浮気をしていることが判明したとします。本来なら、契約はその時点で終了するはずです。ところが、依頼人の将来に向けた選択は、そこから始まると言っていいでしょう。離婚するのか、別居するのか、それとも再構築するのか。子どもがいる場合、養育費などの問題も絡んできます。慰謝料請求や離婚をするなら弁護士に、精神的なケアを求めるならカウンセラーに、それぞれ相談する必要が生じてくるのです。

浮気調査は問題解決のための手段に過ぎず、依頼者が調査結果を受けてどのような決断をするのかまで含めて本当の解決だと考えるなら、弁護士やカウンセラーとの連携は欠かせないものです。探偵事務所によっては、法律に触れない範囲で弁護士やカウンセラーと関わりを持ち、依頼者の今後について相談に乗ることができるところもあります。「調査だけして後は関わりません」という事務所より、アフターフォローの行き届いた事務所を選ぶのがおすすめです。

(4)その他のチェックポイント

①事務所の場所・規模

探偵事務所の場所は、基本的にご自宅や調査場所から近いに越したことはありません。打ち合わせや経過報告、最終結果報告などで何度か出向くことになるためです。ただ、近隣の事務所だと、出入りするところを知り合いに見られてしまうおそれもあります。できれば、なるべく目立たない立地に事務所を構えている業者を選ぶようにするといいでしょう。なお、事務所自体がレンタルオフィスで、すぐに退去できるような業者には注意してください。料金を受け取って音信不通になる可能性もないとは言えません。

探偵事務所の規模としては、それなりに大きいところを選ぶべきです。個人でやっていて腕の良い探偵というのは、物語としては面白くても、現実にはなかなか存在しません。特に浮気調査は複数の調査員が専用の機材を用いて進めるものですので、規模が小さいと調査能力にも限界が生じてしまうのです。安定感のある大手を選ぶのが確実です。

②複数の探偵事務所の比較

調査料金を安くするためには、複数の探偵事務所で相見積もりを取るという方法も重要です。それだけではなく、設備や機材、調査員の能力や面談への対応といった点を確認するためにも、やはり複数の探偵事務所を比較する必要があります。1つの事務所しか知らなければ、その対応が適切なものかどうかが判断しきれないからです。

特に調査員の対応は重要で、親身になってくれるところもあれば、説教臭いところもあり、事務的なところもあります。1か所だけで判断するのではなく、いくつかの事務所に連絡してみることが重要です。広告だけを信じるのではなく、自分自身の感覚を信じることも、トラブルを避けるには大切と言えます。

③無料相談への対応

探偵事務所によっては、相談を無料で行ってくれるところもあります。とりあえず相談はしてみたけれど、契約する気になれなかったのに相談料金だけ掛かってしまった、というのでは困ります。相談は、事情を説明するだけではなく、探偵事務所を選ぶためのものでもあるため、可能なら無料相談に対応しているところを選びたいものです。

事務所によっては24時間対応だったり、電話だけでなくメールやLINEなどに対応していたりするところもあります。自分の状況に合わせて、もっとも連絡しやすい方法を選ぶといいでしょう。

トラブルを避けるために

探偵事務所を探すときには、優良な事務所を見つける前に、まず悪徳事務所や詐欺業者に引っ掛からないように注意する必要があります。トラブルを避けるために着目すべきポイントも見ておきましょう。

(1)インターネットでの探し方

GoogleやYahoo!といったインターネット上の検索サイトでキーワードを入力すれば、浮気調査を取り扱っている探偵事務所がずらりと表示されます。上位に表示されるのはアクセス数の多いページですが、だからと言って調査能力が優れているとは限りません。一番売れている食べ物が一番美味しいとは限らないのと同じです。

重要なのは、複数のWebサイトを照らし合わせて内容を確認することです。その際には、届出番号が掲載されているか、虚偽の説明が書かれていないか、といった点をチェックしましょう。

(2)危険を見分ける4つのポイント

実際に面談を行う場合、問題ある事務所かどうかを見分ける4つのポイントがあります。

  • 契約を急かす
  • 契約書を交わそうとしない
  • 不当に高額
  • 弁護士の介入を拒む

まず、「今すぐ調査を開始すべきです」「放っておくと手遅れになります」などと言って契約を急かそうとしてくる事務所は危険です。あの手この手で契約を結んでさえしまえば収入になるという姿勢でいるため、調査そのものは案外いい加減な可能性も高いでしょう。中には契約を取れば歩合給が生じるといった都合から、強引に契約を迫ろうとする担当者もいます。

次に、契約書を交わそうとしない事務所は探偵業法違反であり、論外です。ところが、契約書を出してこない事務所も案外あります。浮気調査もビジネス上の契約であることは間違いないのですが、依頼者があまり詳しくなかったり、浮気調査を依頼することに後ろめたさを感じていたりする部分につけ込み、誤魔化そうとするのです。契約書を交わさないのは、後から適当な口実によって追加請求をしたり、契約自体を反故にしたりできるようにしておくためです。口頭のみでの契約を迫る事務所への依頼は絶対に避けましょう。

さらに、不当に高額な場合も要注意です。特に、ろくに見積もりもせず「この調査でしたら200万円掛かります」などとすぐに金額を言ってくる事務所は、金額算定の根拠を出してこず、トラブルへとつながりかねません。料金が高額かどうかは相場を知り、相見積もりを取ってみなければ中々わからないことです。すぐに契約するのではなく、慎重に判断しましょう。

最後に、弁護士の介入を拒む事務所も後ろ暗いところがある可能性が高いと言えます。正式な契約であり、料金も一定額以上であれば、弁護士や司法書士が関わることも珍しくありません。法的に有効かどうかも判断してもらえます。しかし、契約自体が不当なものだった場合、弁護士などに指摘されてしまうでしょう。それを避けようとする事務所は信用すべきではありません。

(3)調査料金と信用性

調査料金が不当に高額だと、いわゆる「ぼったくり」のおそれがあります。他方で、料金が安ければいいのかと言うと、そうでもありません。格安を謳う事務所の場合、人件費や機材費、稼働時間などを削減して安くあげようとするため、結局は調査の質が下がってしまうこともあるためです。

料金は重要ですが、そればかりを見るのではなく、調査方法の説明や機材の性能、調査報告書のサンプルといった要素をきちんとチェックして、依頼先を決めるのが大事です。

まとめ

今回は、浮気調査に強い探偵事務所の探し方を解説しました。調査料金は、決して安いものではありません。だからこそ、慎重に事務所を選ぶ必要があります。

配偶者の浮気を疑い、精神的に余裕がなくなっていたとしても、まずは一呼吸置くようにしましょう。「どういう方法で調査をするのか」「何日くらい掛かるのか」「いくら料金が掛かるのか」といった疑問に対し、誠実に答えてくれるのが優良な事務所の絶対条件です。焦ることなく、落ち着いて探偵事務所を選びましょう。そうすれば、きっと確かな調査結果が得られるはずです。

監修者 MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓
監修者MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓

2003年総合探偵社・株式会社MRを設立。浮気調査や人探し、信用調査、企業調査、裁判証拠収集などの基本的な探偵業務に加えて、夫婦間の問題には心のケアが必要という考えから、業界初の「カウンセリング担当制度」を 導入。その新しい視点が反響を呼び、探偵業界で売上 No.1を達成。2008年専門的技術を備えた探偵 を育成するためにMR探偵学校を開校し、学長に就任。
2017年一般社団法人日本ライフメンター協会を立ち上げ、理事に就任。ラジオ日本では「岡田真弓の未来相談室」のパーソナリティーとして出演中

 - 選び方

\ご来社で2000円のQUOカードもらえる!/
【5年連続業界No.1】MR探偵社はコチラ