浮気調査・不倫調査PRESS

自力での浮気調査方法や浮気調査の料金・費用相場や実績などを紹介

夫(旦那)の浮気調査のタイミングと浮気が事実だった場合の相談先

夫 浮気調査

「夫が最近旧友と会う機会が増えた」
「旦那が残業内容を話すようになった」

夫の行動がいつもと違うと、「あれ?なんだか怪しいな」と思ってしまうのも無理はありません。浮気しているのかどうかを確認したい気持ちも分かりますが、まずはあなた自身が冷静な気持ちで判断し行動しなければなりません。そこで、浮気調査のタイミングや夫の浮気調査をどこに相談すべきかを中心に解説します。

1.浮気調査をする目的を整理する

まずは、あなたが夫の浮気調査をする目的を明確にしましょう。謝罪させたいのか、それとも浮気を理由に離婚したいのかなど、浮気が発覚したその先まで見据えて行動することが大切です。一歩間違えてしまうと、離婚したかったわけではないのに離婚に至るというケースにも発展しかねないため注意が必要です。

(1)きちんと謝罪させたい場合

夫に浮気をした罪を償わせ反省させたいという場合には、必ず夫の直筆で謝罪文を書いてもらいましょう。謝罪文の内容には、「日付」「浮気相手の名前」「不貞行為の事実詳細」「会わない約束」「署名」「捺印」などを記載してもらいます。浮気防止につながるだけではなく、離婚や慰謝料請求の際にも有効な証拠となるため作成しておくことをおすすめします。

(2)離婚したい場合

離婚を考えている場合には、その後の生活を安定させるためにも「慰謝料請求」や「養育費」の取り決めをしておく必要があります。これらは夫の浮気が原因で離婚に至ったと証明することで有利に話を進められるため、浮気調査の段階から意識しながら行動することが求められます。

2.夫が見せる浮気をしている兆候とは?

人間はどこかやましいことがあると、自然と日頃の仕草や生活態度にも表れるものです。いくつか浮気夫に見られがちな兆候をご紹介します。

(1)冷たくなった

これが一番多い特徴かもしれません。他に気になる異性がいると、人はどうしてもその人ばかりが気になってしまいます。浮気をしていると、一番大切にしなければならない妻をおろそかにしてしまう傾向にあるため、「最近少し冷たくなった」と感じる場合には警戒しましょう。

(2)優しくなった

これは冷たくなった場合と対照的ですが、「最近優しくなった」と感じる場合にも注意が必要です。態度や性格が変わるのには何か理由があります。急に記念日を意識し始めたりプレゼントを買ってきたりした場合には警戒しましょう。

(3)スケジュールを気にする

夫が自分のスケジュールを気にする場合もそうですが、妻のスケジュールをしきりに気にする場合には注意してください。つまり、妻がいつどこにいるのかを把握したいということであり、自分がいつなら動けるのかを確認したいということです。分かりやすい言動ですが、スケジュールを気にし始めたら警戒してください。

(4)男性が浮気したがる理由

なぜ夫が浮気に走ったのかという理由を考えることも大切です。なぜなら、浮気の原因が、どこにあるのか分からない状態では手の打ちようがありません。男性の浮気の原因として挙げられるものには、「性欲が抑えられなかった」や「妻との不仲」があります。妻の妊娠中に浮気や不倫をするパターンも多く見られ、そういった背景には妻と性行為ができなかったなどの原因があります。

もちろん妻と性行為ができないことを理由に不倫をしていいわけではありません。また、日頃から夫婦生活がうまくいっておらず、ケンカが絶えない毎日に嫌気がさして浮気をしてしまったというケースもあります。

男性には本能として、少しでも多くの子孫を残そうと遺伝子にインプットされているとも言われており、理性が保てず浮気に走るパターンが多いです。ある専門家によると、親からの愛情を受けずに育った子どもは浮気性になるなどの見解もあるようですが、一概にそうだとは言えず、どちらにせよ浮気や不倫を肯定する理由にもならないでしょう。

3.浮気調査を考えるベストなタイミング

少しでも夫が怪しいと感じているならば、すぐにでも浮気調査を始めたほうがよいでしょう。しかし、やみくもに浮気調査をすると「夫に気づかれる」「証拠を隠される」などのリスクもあるため、慎重かつ丁寧に行う必要があります。以下のポイントをおさえておきましょう。

(1)夫が警戒しているうちは慎重に

始めは誰しも妻に見つからないように慎重に行動します。帰宅時間を意識する、香水などの匂いに気をつけるなど、なかなか浮気をしていると確信できるような行動はとりません。少しでも「いつもと違う言動」を見つけていくことが大切です。普段よりもスマホを触る時間が増えた、お風呂にもスマホを持っていくようになったなど、小さなことでも変化を見逃さないようにしましょう。しかし、ここでひとつ注意点があります。

いつもと違う言動があったとしても、このタイミングでは決して浮気を疑うような行動をとらないようにしてください。夫に少しでも浮気を疑われていると感づかれてしまうと、せっかくの浮気の証拠や情報が表に出てこなくなります。「怪しまれている」とひとたび感じてしまうと、より慎重に証拠を残さないよう行動するようになってしまうからです。初期段階での浮気調査としては、まずは「普段と異なる言動」に目を向ける程度で問題ありません。

(2)家庭をおろそかにし始めたら浮気調査開始

浮気をする夫には2パターンあり、「我に返って浮気の事実を墓場まで持っていく夫」と「浮気相手に夢中になり破滅していく夫」がいます。前者であれば、浮気された妻としても事実を知らないため、心から傷つくことはありません。

しかし、後者の場合には、あらゆる人を傷つけ誰も得をしない状況が待ち受けています。明らかに外泊が増えた、使途不明金が増えたなどの場合には、思い切って浮気調査を依頼することをおすすめします。理由を問いただした際に、明確な答えが返ってこない場合や言い訳をしている場合には、浮気をしていると判断してもよいでしょう。

4.浮気の証拠として有効・無効について

浮気の証拠として、「車内から発見された女性の髪の毛」を持参される方も多いのですが、実はあまり有効な証拠とは言えません。なぜなら、DNA鑑定をしなければ浮気相手の髪の毛であるかどうかを確認できず、もし浮気相手の髪の毛だとしても、同乗していたことしか分からないからです。もっとも必要とされるものは「不貞行為の有無」を決定づける証拠です。

(1)法的に有効な証拠

もっとも有効とされているのは、不貞行為の事実をおさえた写真や動画です。なかなか入手するのは難しいですが、証拠としては法的にも力があります。写真や動画の入手が難しい場合には、「メール」や「LINE」を入手してください。

内容的には、不貞行為があった事実が確認できるものが望ましいです。たとえば、行為の内容について触れている文章が有効です。また、不倫相手の自宅やホテルに出入りする瞬間の写真でも構いません。1枚だけでは証拠能力に乏しいため、複数回分おさえてあると有効です。

(2)追加で用意しておきたい証拠

浮気の証拠でも単体では効果を発揮しないものの、上記証拠と合わせることにより法的に証拠能力が上がるものもあります。たとえば、「ホテルのポイントカード」や「クレジットカードの明細」です。いつどこで、ホテルや浮気相手宅に出入りしていたのかをより決定づける証拠となるため、できれば入手しておきたい証拠です。妻が付けている日記なども状況を把握できる証拠として力を発揮します。

5.浮気調査は自力で行う?探偵に依頼する?

浮気調査は自力で行うことも可能ですが、リスクもあります。自力で行う場合と探偵に依頼する場合で比較してみましょう。

(1)自力で行うメリット

すべてを自分で行ってしまえば、依頼費用が必要ありません。撮影する場合や録音する場合には機材が必要となりますが、スマホがあるため問題ないでしょう。

(2)自力で行うデメリット

浮気調査のプロではないため、夫に見つかる危険性があります。尾行調査や事情聴取はプロでも技術を必要とするため、なかなかうまくできないことが多いでしょう。決定的な証拠を入手する前に夫に見つかってしまった場合には、最悪の場合、二度と証拠が出てこなくなるケースもあります。

(3)探偵に依頼するメリット

探偵に依頼することにより、「法的に有効な証拠」、離婚後の「慰謝料請求」や「養育費」を自分に有利な条件で進めていくことが可能です。調査員を複数人動員することで、フットワークの軽い人海戦術を可能とし、ネットワークの広さから、あらゆる情報を収集できます。

証拠能力の高い低いは熟知しているため、法的に有効な証拠のみを入手します。また、証拠を夫に突きつけるタイミングや離婚、養育費のアドバイスなども積極的に行っているため、安心して依頼することが可能です。

(4)探偵に依頼するデメリット

デメリットと呼ばれるマイナス面は少ないですが、しいて言うなら「依頼費用」です。どれだけ安い探偵事務所に依頼されたとしても、その依頼費用は少なくとも30万円は超える金額となります。もちろん各探偵事務所の依頼内容や日数により異なりますが、相場としてはそのくらいを見ておいたほうがよいでしょう。

しかしながら、浮気調査を費用面だけで判断してしまうのは待ってください。夫に決して見つからないように有効な証拠を集めるためには、それ相応の人数と調査技術を必要とします。まずは、あなたの置かれた状況を説明し、親身になってくれる探偵事務所に相談してみましょう。

6.浮気が事実だった場合の相談先

夫の浮気が事実だったと分かった場合、まずはあなたの精神状態を安定させることが先決です。裏切られたという気持ちから、「自傷行為」などに走らないためにも、まずは「男女問題専用のカウンセラー」に相談されることをおすすめします。

(1)男女問題専門カウンセラー

カップルや夫婦間のトラブルを専門的に扱っているため、具体的な対処法や今後の方針までアドバイスを受けることが可能です。今抱えている悩みや不安を聞いてもらうことで、感情的な気持ちを落ち着かせる意味でも非常に重要な相談先です。相談することで、夫に対して感情的になり証拠もないのに浮気を問いただしてしまうような状況を回避できます。

(2)離婚問題に詳しい弁護士

すでに離婚を考えているという場合には、離婚問題を専門的に扱っている弁護士に相談するのもひとつの手です。離婚する際に有利な条件で進められるようアドバイスをしてもらえるだけでなく、どのような証拠が法的に有効であるのかも法律家の視点から教えてもらえます。

(3)調査のプロである探偵事務所

精神的にも落ち着いており、「夫に反省させたい」「すぐにでも離婚したい」という場合には、探偵事務所に相談されるのがよいでしょう。探偵事務所の依頼のうち、大半は男女間トラブルに関する相談が占めているため、「証拠集め」や「円満解決」はお手の物です。時間制限はありますが、相談だけであれば無料で行っている事務所も多いため、まずはお気軽にご相談ください。

まとめ

今回は夫が浮気をしていた場合に、相談すべき場所や調査方法について解説しました。浮気調査はご自身で行うことも可能ですが、やはり気づかれてしまうリスクを考えると得策ではありません。探偵に依頼することを考えると、どうしても費用面が気になる方が多いようです。

しかし、ケースバイケースですが、短期間で済む簡単な依頼内容の場合、10万円ほどで法的に有効な証拠が入手できることもあります。夫の浮気や不倫に悩んでいるのは、あなただけではありません。少しでも「おかしいな?」と感じているのであれば、ぜひお近くの探偵事務所までお気軽にご相談ください。

監修者 MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓
監修者MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓

2003年総合探偵社・株式会社MRを設立。浮気調査や人探し、信用調査、企業調査、裁判証拠収集などの基本的な探偵業務に加えて、夫婦間の問題には心のケアが必要という考えから、業界初の「カウンセリング担当制度」を 導入。その新しい視点が反響を呼び、探偵業界で売上 No.1を達成。2008年専門的技術を備えた探偵 を育成するためにMR探偵学校を開校し、学長に就任。
2017年一般社団法人日本ライフメンター協会を立ち上げ、理事に就任。ラジオ日本では「岡田真弓の未来相談室」のパーソナリティーとして出演中

 - 調査方法

\ご来社で2000円のQUOカードもらえる!/
【5年連続業界No.1】MR探偵社はコチラ