浮気調査・不倫調査PRESS

自力での浮気調査方法や浮気調査の料金・費用相場や実績などを紹介

【体験談】お金も無い!時間も無い!夫の浮気の証拠も無いけれど探偵に浮気の無料相談してみた!

今回はなかなか聞けない実録のエピソードをご紹介していこうと思います。

探偵に浮気の相談をしてみたいけれど、浮気をしている証拠もないし、お金もないし時間もない妻の体験談になります。

家族構成は、妻(30代前半)、夫(40代前半)、息子(9歳)、娘(6歳)です。

浮気しているかもしれないけれど確信が持てない

(1)出会い

主人との出会いは、勤め先の会社です。

入社してすぐに主人が私の教育係としてついてくれて、お互いに直ぐに好意を持ちました。

10個上の男性とここまで密にに接することはなかったですし、いつも困ったことがあれば助けてくれる存在でもあり、私の成長のためであれば、少し冷たい態度になったり…。でもしっかりと成果を出すことができればご飯に誘ってくれて、私の好きなものをご馳走してくれるような、アメとムチの使い方がとても私には心地よかったんです。

(2)交際開始

交際が始まったのは、入社して半年が経過したころです。主人のほうから交際を申し出てくれて、とっても嬉しかったです。順調に交際を重ねていき、主人は出世していき、私も置いて行かれないように必死に働きました。

そのうち、新人が入ってきて、主人が直接教育することはなくなったのですが、新人の女の子一人が主人に一目ぼれをしたみたいで、積極的に「ご飯に連れて行ってくださいよ~♡」「○○さんが教えてくれたらすぐに受注できるのに」みたいな発言を猫なで声でしてきて、主人もまんざらでもない感じで不安でした。

会社の人には内緒にして交際をしていたので、同期がいても相談なんてできませんし…。

不安でしょうがなくて同棲を提案したら、『一緒に住むなら、結婚しよう』とプロポーズしてくれたんです。

嬉しかったです。これであの女より確実に私の方が愛されているし、見てもらえているって安心もしました。会社にも結婚を報告して、私は専業主婦になることを決め会社を退社しました。新婚生活は思っていたよりも自由に使えるお金がなく、いつも「お金どうしようかな…」と考えていました。

主人は私よりもはるかにお給料をもらっていたのですが、1ヵ月の家計のお金は光熱費、食費を含めて5万円を渡されるだけです。

仕方なく、独身時代に貯めていた貯金を崩し、なんとか生活をしていました。そんな時に息子の妊娠がわかりました。二人とも泣いて喜んで、「生まれてくる子供のためにもっと頑張ろうね!!」なんて言いながら、私は家のことをさらに完璧にこなすように努力しました。幸いなことに悪阻もなく、比較的元気な妊婦でしたので。

そして息子が生まれてから、夫は本当に仕事にのめりこむようになり、家に帰ってくる時間はどんどんおそくなりました。出張はなかったのですが、週に2回は必ず残業と飲み会で終電帰りです。

これは娘が生まれた後もずっと…。もっと言えば今も週の2回は遅いのです。

9年間ですよ?9年間の間ずっと同じ日が遅いなんてあるのかなって思いながらいたのですが、子供もいるので、そんなに主人の仕事のリズムを気にしていなかったのが、今更ですが恥ずかしく思います。

正直に言ってしまえば、子供ができてからの約10年間は主人よりも子供を中心にし過ぎていて、主人のお給料も順調に上がっていて、家に入れてくれるお金もどんどんアップしていったので、関心を失ってしまっていたのも事実です。

全く失っていたわけではないのですが、気になり始めたのは子供たちが小学生に上がって、自分の時間が少しだけ持てるようになったら、「あれ?主人はこんなに残業と出張が多かったっけ?いや…、あの会社は泊まりの出張なんてないはず…」など、視野が広がって子供がうまれてから主人に向き合おうと思ったときには、少しずつ浮気を疑い始めていました

私が結婚した時に、主人に色目を使っていいた女子社員は、今も独身で主人と同じ会社にいることは会社の新年会や忘年会の写真を見て知っています…。まさか、あの女が主人に今もちょっかいを出しているのではないかと変な想像が止まりません

(3)正確にいつから増えたのかわからない残業や出張

主人の残業や出張ががいつからこんなに増えてしまったのか定かではないんです。

「私一人に家のことも子供たちのことも任せっぱなしであなたは会社に行くだけだものね…」と主人とのスケジュールに興味を持たなくなったのは確かなのです。子供たちが生まれたころに、主人は大きな出世をしたので、その関係かな…くらいにしか思わず、出張や終電を逃した日の行動についてもあまり深く追求しませんでした。

夫婦なのにお恥ずかしい限りです…。

最近では「終電を逃した」と漫喫やビジネスホテルに泊まることも珍しくありません

最近主人と話す時間がめっきり減ってしまったなと思う瞬間があって、それと同時にふと「本当に残業(出張)なのかな?」と思うようになりました。

普段そこまで連絡を入れたりしない私ですが、一度気になったらどうしようもなく気になってしまって、しつこいくらいに連絡を入れても、“既読無視”をされるだけで連絡を返してくれることはありませんでした。

そして不思議なことに、私の使っているボディーソープと同じ匂いがするのです。

残業で泊まるなら漫喫かビジネスホテルと考えられますし、出張で泊まるとしてもビジネスホテルでしょうから私と同じ匂いがする時点でありえないと思うのです。

「石鹸の種類なんか知らないし、同じのを置いている可能性もあるだろう」と主人はそう言いますが、私が使っているのは、ドラッグストアで売っているようなものではなく、ボディケアの専門店のものです。

これについては明らかに納得がいかないのです!

浮気の証拠が見つからない!

そこで何か自分を納得させるためにも、主人の浮気の証拠を見つけられないものかと考え、主人のスマホを見てみようと思ったのです。

ですが、主人のスマホにはロックがかけられており、思い当たる4桁の数字を入力してみたのですが、どれも違いました。しかも間違えすぎたので、数十秒待たなければいけないという最悪な状態にまでなってしまったときにはさすがに焦りましたし、神様からそっとしておいた方がいいと言われているようで、なんだかがっくりとしてしまいました。

また、主人の行動を観察していると、家族といるにも関わらずスマホを肌身離さず持っていて、子供たちが「ゲームしてるの?」と覗こうとすれば、『お仕事だから覗かない!』と少し語気を強めるのです。電話がかかってきても「後で掛けなおすから大丈夫」と言って絶対に電話には出ません。

そんなに大事に持っていて「仕事」と子供にいっているのだから、電話に出てくれた方が私は不安ではなくなるのですが…そんな気持ちは届かないですね(笑)

帰りが遅くなって、出張も増えて…。でも石鹸は私が使っているのと恐らく同じものというくらいで主人の浮気を疑ってしまう私もストレスが溜まっていたりして、細かいところが気になってしまっているだけなのかもしれませんが、普通であれば残業続きで、出張もあってとなると少しやつれたり、肌のコンディションが悪くなったりすることの方が多いと思うのですが、心なしか肌ツヤが良くなっているようにも感じて、疲れているようには見えません。

あんなに肌身離さずスマホを持っているのに、電話には頑なに出ないことや、帰りが遅い日に連絡をしても既読無視で通される、恐らく私と同じボディーソープの香り、これしかないので浮気をしているという確信はありません

子供も2人いますし、多感な年ごろでもあるので大事にもしたくありません。自分で主人を尾行することやGPSをつけることも考えましたが、決定打がない状況でそんなことをして、本当に浮気をしていなかったことを考えると怖くてできません。

現状、働き先も探したりしていないので離婚をすることは考えていません。本当に浮気をしているのであればその時にどうするか考えたいです。

浮気調査を依頼するお金もなければ、探偵事務所に行く時間もないんです!私のように自由に使える金がないひとは、どのようにして浮気の証拠を手に入れているのでしょうか?

主人が仕事熱心なのは事実だと思いますので、もしかしたら私の思い違いで本当に浮気をしていないのかもしれません。

でも事実がわからないとちゃんと笑えているように思えないのです。いつも引きつったような無理に作った笑顔しか主人に見せていないような気がして、気分が晴れずに自分自身に落ち込むことも多くなってしまいました。

独身時代に貯めたお金と言っても、直ぐに結婚してしまいましたし、生活費の足しにもしているので、探偵に浮気調査を依頼できるような余裕はありません。主人からもらっている毎月の少ないお小遣いで、子供たちの服や習い事の月謝を払っているので探偵に出せる予算は“限りなく0に近い”です。

“専業主婦だし、時間あるでしょう”と思われるかもしれませんが、子供たちの習い事の送り迎えや主人の実家のお手伝いにも日中は言っているので、自分の自由時間なんて取れても1時間くらいしかありません。介護ではないのですが、免許を二人とも返納しているので、買い物に付き合ったりということが多いです。孫にも会いたいみたいで、何かあればすぐに呼ばれます。

自分でもどうしたいのかが正直わかりません。主人が本当に浮気をしていたとして、それを知ってどうしたらいいのかもわかりませんし、こんなに主人を信じられなくなって不安になっている現状を浮気の有無によってすぐに気持ち的な部分でも解決できるのかもわかりません

今できることが何なのかもわかりませんし、未来を想像することもできません。

だってお金もないし、仕事も見つけていないのに、子供を引き取って明るい未来なんてないじゃないですか。

慰謝料だって、途中から支払ってくれなくなる人が多いとも聞きますし…。もしも本当に浮気が原因で離婚になったとして、こんな不安なまま皆さんされるんですか?

もっと計画的に社会に出て仕事を見つけておいて、慰藉料の支払が止まっても何とかなるから、明るい未来があるんですよね。

私は現状のままだと路頭に迷ってしまうだけだし、子供を今と同じ生活水準のまま育てていく自信がありません。私の実家に頼ることはできるかもしれませんが、ずっとは無理でしょうし、私自身が離婚して再スタートするなんていう決断の段階まで来ていません…。

もちろん、主人に浮気しているのか確認することが一番なのでしょうが、私には浮気の証拠が何もありません。そのため聞いたところで「浮気なんてしていない!」と言われることは目に見えています。

私の妄想であることを願っていますが、探偵に調査を依頼しないでも浮気の有無が分かる方法はないのでしょうか。

どうしたらいいか悩んだらまず無料相談!経験豊富なプロだから答えてくれるかも!?

探偵社では依頼前に無料で相談に乗ってくれるところが多くあります。特に大手興信所・探偵事務所と言われる探偵MR、原一探偵、HAL探偵社などはしっかりと話を聞いてくれるのでおすすめです。

とくに探偵MRは社長である岡田さんも浮気の経験を持つため、カウンセリングに力を入れており、カウンセラーの教育もトップクラスです。

「相談」と言ってしまうと、個人情報だけ聞かれて後は適当に営業トークをされてあまり身になる話をしてもらえないと思われるかもしれませんが、上記に挙げた大手探偵社に関しては、浮気や不倫の依頼や調査力が探偵業界のトップクラスの探偵社ばかりですので、カウンセラーの主観で話すのではなく、しっかりと状況を確認しながら冷静な判断やアドバイスをくれる可能性が高いです。

無料相談の段階で、どこまでしっかりと浮気の可能性について話せるかによって状況は変わってきますが、カウンセラー自身が相談者からもらった情報を冷静に分析することで、無料相談の段階で「浮気の可能性は低いと思います」とアドバイスをもらえる場合があります

「浮気の可能性は低い」こんな言葉を言ってくるなんて、依頼内容がめんどうくさくて調べられないからじゃないの?」と素直にアドバイスを受け入れられないかもしれません。

探偵社の立場にたってみてください。この一言を言うことによって、依頼を逃す結果になるにもかかわらず正直に教えてくれるのです。

もちろん浮気をしている可能性が“0”と断言することは、調査もしていない段階ではしてはくれません

しかし、この「浮気の可能性が低い」という一言で、相談者が調査依頼をせずに元の生活に戻ったときに、旦那さんの浮気が“クロ”だったとすれば、相談者とのトラブルに発展したり、探偵社自体の悪評にもつながりかねません。

そのため、カウンセラーは相談者の相談内容を注意深く聞き、もちろん質問なども交えながら状況を分析し、長年の経験や探偵社に蓄積されているノウハウなどから「浮気をしていると思い込んでしまっている可能性が高い」と判断した場合には、正直に教えてくれるのです。

一度不安をおぼえてしまうと、子育中や義実家の何かしらのお手伝いなどで日々追われている中の、ふとした瞬間に「あれ?旦那は何やっているんだろう」「こんなに頑張っているのに…家族がいるのになんだか孤独だ…」など、ご主人に甘えたり頼りたくなるのは当たり前のことです。

しかし、その当たり前のことをできなくなってしまうくらい一人で抱え込んでしまっていたり、神経質になり過ぎてしまう場合には、色眼鏡をかけているかのように、ご主人の一つ一つの行動が怪しく見えてきてしまうのかもしれません。

大手探偵社は相談だけなら無料です。まずは浮気調査のプロで世の中の浮気に白黒はっきりつけている経験豊富な探偵に相談に乗ってもらってはいかがでしょうか?

第三者から意見をもらえるだけでも、ご主人の見え方が変わったり、今までは「浮気している」と思い込んでいたので気がつかなかったところに気づけるかもしれません。

探偵に相談して気持ちが軽くなったら、夫婦仲が以前よりももっと良くなったというご夫婦もいます

浮気調査のプロでもありますが、探偵は夫婦再構築のプロでもありますので、なんでも気になることを相談してみてください。

まとめ

今回ご紹介した方は、調査依頼前の無料相談だけでしたが、後日「浮気をしていませんでした!」というご連絡をいただきました。

声も随分明るくなられていて、私たちも安心しました。

なぜ浮気をしていないことが分かったのか…。それがとても気になりますよね?

疑いが晴れた理由は、ご主人が会社の同僚を休日自宅に招き入れて、BBQをした際の会話に答えがあったそうです。

○○さんが残業するから、同じチームの若手が帰りにくくて、僕のチームの部下たちがいつもドタキャンされるって嘆いてますよ~』『こないだの大阪でのコンペはさすがでした!』など酔った勢いで仕事の愚痴や普段褒め合わないくせにお互いを褒め合ったりしていた姿を見て安心されたようです。

探偵社としては、完全に浮気をしていないと断言できる段階の会話ではないように思っている部分ももちろんありますが、相談者様の笑顔を守ることも私たちの仕事です。

探偵社は必ずしも、「浮気をしている可能性があるのであれば調査をしましょう」という1つの回答しか持っていないわけではありません。

ご相談者様が悩んだときに頼ってもらえる、思い出してもらえる存在であることも探偵の大切な役割です。

周りが見えなくなるくらい、ご主人の浮気を気にしてしまうのであれば無料相談してくださいね。

監修者 MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓
監修者MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓

2003年総合探偵社・株式会社MRを設立。浮気調査や人探し、信用調査、企業調査、裁判証拠収集などの基本的な探偵業務に加えて、夫婦間の問題には心のケアが必要という考えから、業界初の「カウンセリング担当制度」を 導入。その新しい視点が反響を呼び、探偵業界で売上 No.1を達成。2008年専門的技術を備えた探偵 を育成するためにMR探偵学校を開校し、学長に就任。
2017年一般社団法人日本ライフメンター協会を立ち上げ、理事に就任。ラジオ日本では「岡田真弓の未来相談室」のパーソナリティーとして出演中

 - コラム , , , , , ,

\ご来社で2000円のQUOカードもらえる!/
【5年連続業界No.1】MR探偵社はコチラ