浮気調査・不倫調査PRESS

自力での浮気調査方法や浮気調査の料金・費用相場や実績などを紹介

パパ活は浮気になるの?パパ活に潜む犯罪と慰謝料を請求する方法とは?

少し前から「交流関係を広げたい」「お金が欲しいから」などという理由から“パパ活”をしている女性が増えてきています

このパパ活に関しては、今なお様々な議論が続いてはいます。

この記事では、「パパ活が浮気にあたるのか」「パパ活の相手に慰謝料を請求でいるのか」「パパ活は買春などの犯罪にはならないのか」について解説していきます。

そもそもパパ活とは?

「パパ活」という言葉を一度は耳にしたことがあると思いますが、このパパは一体誰なのでしょうか。

今まで育ててくれた本当のパパ(お父さん)とは一切関係はありません。パパ活で言うところのパパとは、最も端的に言ってしまえば“お財布的な存在”を意味します。

「お財布的な存在であるパパからお金をもらうために行う活動」をパパ活と呼んでもいいかもしれませんが、そんなに簡単にお金をもらえるはずもなく、女性は男性(パパ)に対して何かしらサービスを提供し、その見返り(お小遣い)をもらうのです。

それでは、どんなサービスを女性が提供するでしょうか。

内容は基本的にはパパが希望するものになりますが、ご飯だったり、ハグだったりキスだったりするようです。これらの一つ一つに金額が割り振られていて、金額と行為について双方が了承すれば交渉成立です。

一番手軽にできるのが、パパと一緒に食事をすることでしょう。単に食事にお供するだけですが、金額は1~10万円以上と幅が大きく、パパによって全く異なるので、女の子もより財力のある男性を求めて複数人と関係を持つことも少なくないようです。

「食事だけならどんなおじさんでも全然いいじゃん!」と思う女性も少なくないと思いますが、パパ側もしっかりとお金が発生するため、初回は金額を抑えて、お互いに気に入ればもっと金額を交渉していく場合もあります。

両者が今後の関係についても納得して交渉成立となれば、具体的に、月に何回くらい会うのか、その時に何をするのかを両者で話し合って決めていき、実際に会った時に「もっと○○をしてくれたら××円プラスするよ」などのようなやり取りもあるようです。

初回は金額を抑えてと書きましたが、パパ側にも選ぶ権利があり、「ルックスや年齢、体型」などを初回で審査していると言えます。そのため、女性側が「このパパいいかも…♡」と思っていても、パパが「この女性は無い」と思ってしまえば次は無いのです。

パパ活について大まかに説明しましたが、俗にいう「愛人」や「援助交際」に近いと思いませんでしたか。

では、なぜ若い女性がパパ活にハマっていってしまうのでしょうか。

その理由は、パパ活は必ずしもカラダの関係をもたなくてもお金がもらえることでしょう。更には、金銭的に余裕のある人が多いので、そこから人脈を広げていけるメリットがあるとも言われています。

パパになるメリットとは?

食事やデートするだけなのに、お小遣いを渡すパパ活にはどんなメリットがあるのか理解できないと思います。

それに「うちの旦那さんは普通のサラリーマンだし、パパ活できるはずがない…」とも思われるかもしれません。しかし、最近では普通のサラリーマンまでもがパパ活をはじめています。

なぜなら、パパの数が圧倒的にパパ活女子の数よりも少ないため、今までの価格相場ではパパを捕まえることができなくなってきているので、相場がガクッと下がったのです。

女の子の方がパパを待っている状態で、食事デートが1万円と1~2万円程度でできるのであれば、少しお小遣いをためれば普通のサラリーマンでもできないことはありません。

そして、パパ活をするメリットと考えられるのは以下4つではないかと思います。

【パパ活をするメリット】

  • コスパよく素人の若い女性とデートしたり恋人のような気分を味わえる
  • 面倒なやりとりがない
  • 仲良くなればセックスできる可能性がある
  • 普通に生活しているだけでは出会えない芸能人や美人とデートできる可能性もある

それぞれ、どういうことなのか説明します。

(1)コスパよく素人の若い女性とデートしたり恋人のような気分を味わえる

最近のパパ活のメリットは、何と言っても素人の若くてルックスのいい女性とデートできるということです。

デートの相場が下がってきているので、キャバクラやクラブよりも安く、自分の気に入った女の子と遊ぶことができます。

パパ活を希望している女性の多くが学生やOLといった一見、パパ活をしているように見えない清潔感のある子だったりすることにそそられる人もいるようです。

年を重ねていけばいくほど、若い人とプライベートで遊ぶことが少なくなりますが、お金には少し余裕が出てくるので、高級レストランに連れていけるようにもなります。同年代の女性をこういったレストランに連れて行っても反応が悪かったり、「来たことある」などと少し冷めてしまうような反応をされるかもしれませんが、パパ活女性は大げさなくらい喜んでくれるので、こちらまで嬉しくなるような、新鮮な反応を楽しめるのです。

反応もそうですが、パパ活女子にご飯をご馳走して、交通費を渡すだけであれば一回のデートで3万円程度に抑えられますが、キャバクラなどで同じように遊んだ場合には倍近い金額が発生することも珍しくありません。

(2)面倒なやりとりがない

現在のパパ活は「パパ不足」のため男性が優位に進められるようになってきています。

「パパ~♡」とかわいい女子から呼ばれて、モテている感覚を実感できるだけでなく、会う時間や場所をパパの都合に合わせてくれるのです。お小遣いのパワーがなかったらこんなことはしてくれないと思いますが…、それでも嬉しくなってしまうのが男のサガなのでしょう。

パパ活には専用のアプリやサイトを使う人も珍しくありませんので、連絡を取ったその日からデートをすることも可能です。サイトを通して連絡をしているのであれば、連絡先を交換しなくても会うことは可能ですし、スケジュールが合わなければ、他の女の子を見つければいいだけなのです。

また、デートをしても「この子は無理」と思えば次回はないので、サクサクと関係を始めることができます。これは人の気持ちを介さない、お金だけの関係だからできる付き合い方です。

(3)仲良くなればセックスできる可能性がある

パパ活とは、”カラダの関係はなし”とされていますが、何度か会っているうちにセックスをしてしまう例も少なくありません。

なかには最初から「一回限りの関係」を求めてくる女の子もいるほどです。

基本的にパパ活には恋愛感情は発生しないことが多いのですが、関係が長く続いてくればパパに依存するようになり、それを恋愛感情と勘違いしてしまう女性もいるので、セックスをする関係になる可能性も否めません。

この場合に気を付けなければならないのが、もしもこの子が未成年だったり、承諾を得ずに無理矢理セックスに及んだ場合には淫行として罪に問われたり、強姦罪などの犯罪になります

(4)普通に生活しているだけでは出会えない芸能人や美人とデートできる可能性もある

パパ活サイトやアプリなどを覗いたことがある人はご存じかもしれませんが、サイト上にはモデルのような綺麗な女性が数多く登録していて驚くと思います。

女性はお化粧やネイル、ファッションやスタイル維持などお金をかけようと思えばとめどなくお金がかかります。これらの欲求を満たすためにパパ活を始める女性も増えてきました。

年を重ねていけばいくほど、こういった外見に自信を持つ女性との関りが少なくなりますが、パパ活をするとこのような綺麗な女性とデートできるということです。

パパ活をしやすい男性

パパ活をしやすい男性の特長は以下の2つです。

【パパ活にしやすい男性の特長】

  • ある程度金銭的に余裕がある
  • 若くて綺麗(かわいい)な女性がとにかく好き

それぞれ説明します。

(1)ある程度金銭的に余裕がある

パパ活をしている(始めようとしている)男性は、やはりある程度お金に余裕がある人が多いです。なぜかというと不動産投資やFXなどの投資とは違い、自分に金銭的な見返りはないからです。

その代わりに心が満たされるのかもしれませんが、パパ活に興味がない男性からすれば、「もっとお金を大事にした方が将来のためにはいい」と意見があるくらいです。

(2)綺麗(かわいい)な女性がとにかく好き

こちらの場合に当てはまってくるのは、お金がないにも関わらず無理をしてパパ活をする男性です。

とにかく若くて綺麗(かわいい)な子が好きで、カラダの関係を持つことを目的にしている場合が多いので、こちらの場合には注意が必要です。

なぜなら、若い女の子と関係を1回でも持ってしまえば、それに味をしめて何回も繰り返す可能性があるからです。

しかも、相手の女の子には既婚者であるにも関わらず「独身なんだ」と嘘をついている男性も多いので、あまりにも頻繁に出かけるようになったり、LINEが鳴り始めたらずっと続くようであればさらに注意してください。

パパ活は浮気になるか?

もしも自分の旦那さんがパパ活をしていたら、普通に浮気をされるよりも頭にきたり、もしくは呆れてしまって何も言いたくなくなってしまうかもしれません。

若い子と食事に行ってデートをしたことが浮気になるのかは、とても気になると思います。

(1)パパ活は浮気にならない可能性が高い

パパ活とは、基本的には肉体関係を伴わないお金だけの交際のため、法律上で定義されている浮気(不倫)には当てはまらないというのが結論です。

なぜなら、法律上の浮気は不貞行為(セックス)があったことを指すからです。カラダの関係を持たないで成り立つパパ活は、基本的には不貞行為がないので、法律上の不倫には該当しません。

法律には違反しなくても、「妻以外の女性と食事をして手を繋いだりしてデートをしているのであれば、それは私にとっては浮気だ」と思う人もいると思います。

旦那さん側が、あなたの訴えに応じて離婚や慰謝料請求の話し合いに応じてくれるのであれば、示談でしっかりと慰謝料の支払いや離婚なのか再構築なのかを話し合って前に進むことができるでしょう。

しかし、旦那さんが「パパ活は浮気じゃない」と話し合いに応じなかった場合には調停や裁判に進むことになります。この際に慰謝料請求や離婚請求が出来るのかというと、先ほども記載したように、法律上で定義されている浮気(不倫)には当てはまらないので、旦那さんに対して浮気(不貞行為)を理由に慰謝料請求や離婚請求はできません

(2)パパ活の相手に慰謝料を請求するのは難しい

パパ活で「カラダの関係を絶対に持っていない」と断言できる人はもしかすると少ない可能性があります。

なぜなら、出会い系サイトやパパ活専用のサイトを通して出会った場合には、基本的に当人同士で金額の交渉をしていくからです。仲が良くなればなるほど下心が出てくる可能性も高く、キスやハグ、胸を触るなどパパの要望(欲求)に応じて、女の子も金額をアップさせることで交渉成立することも可能性として否めないためです。

交際クラブなどのように、既に項目ごとに金額が設定されているようなパパ活自体が営業活動の場合には、相手の女性は“仕事”なので訴えることはできませんが、旦那さんには不貞行為の事実を持つので訴えることができます

しかし、出会い系サイトやパパ活専用のサイトのように、素人同士が出会うための場だけを提供されていて、さらに旦那さんが既婚者と知っていたのに不貞行為があった場合は、不貞行為をした旦那さんとそのパパ活の相手に対して慰謝料を請求することができるのが原則です。

なぜなら、夫婦は結婚した際に、配偶者以外とはセックスをしないという「貞操義務」を負うからです。この義務に違反したことで、あなたが受けた精神的苦痛をお金で賠償する必要があるとされるのです。

しかし、本当にカラダの関係がないパパ活では、どんなに「浮気だ!!」と思っても残念ながら慰謝料を請求することは難しいのです。

ただし、離婚することを前提に慰謝料請求を考えている場合には、慰謝料を請求することが可能な場合があります。

例えば、旦那さんがパパ活にのめりこみ過ぎて、家庭や家族のことを放置したり、セックスを毎回断るようになった、お金を使い過ぎていて、家庭に入れるお金を極端に減らしているなど「婚姻を継続しがたい重大な事由」にあたると判断されれば、パパ活を理由に離婚を請求できる可能性が高くなります。

(3)パパ活でカラダの関係があるのか確認する

これは浮気の証拠を集める方法と一緒になります。

なぜ証拠が必要なのか…。それは、旦那さんが言い逃れできないようにするため、あなたの訴えが本当に正しいと証明するためです。

法的に有効な浮気の証拠は、たとえ旦那さんやパパ活の相手が「セックスなんてしてない」と事実を否定したとしても有効です。否定しているものをひっくり返せるだけのしょうこですから、その分誰が見ても『これはカラダの関係があると言われても仕方がない…』と認めざるを得ないような確実なものが必要となります。

では、実際にはどのようなものが法的にも有効な証拠となるのか気になりますよね。それは以下のようなものになります。

【法的に有効な証拠】

    • 写真や動画
    • 電子メール・手紙・SNSの書き込み
    • 録音データ
    • 探偵事務所・興信所による報告書

上記などになります。

証拠の集め方についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事に詳しく書いてありますので、参考になさってください。

法的に「浮気(不倫)の証拠」として認められるものとは?

自分でパパ活の証拠を集めることは、通常の浮気の証拠を見つけるよりも難しい可能性がありますので、少しでも難しいと感じた場合には、探偵に依頼するようにしてください。

なぜなら、「パパ活は浮気ではなく、将来の日本を支える若者に私が手助けしてあげている」という自己解釈をしている人もおり、もしも証拠もないのに問い詰めてしまうと、あなたとの夫婦関係にさらに亀裂が入ってしまう可能性があるからです。

まとめ

パパ活は今や若い女性の中で「私にはパパがいるの~♡」と一種のステータスになっている傾向がありますが、金銭が発生する以上、カラダの関係も絡んでくる可能性が高いです。どんなに年を重ねても紳士に見えていても下心を隠すことは難しいのかもしれませんね。

そしてパパ活の怖いと思うことは「お金があるのであれば、パパは結婚しててもOK~♡」とパパを求める女性が既婚者である事実を納得して交際を始めるということです。

もしも急に旦那さんの不明な出費が増えたり、家計に入れるお金を減らしたいと申し出てきたとき、スマホを肌身離さずにずっと持っている、急に若者が使う言葉を覚えてきたなどの変化があった場合にはただの浮気ではなく誰かの「パパ」になっている可能性もあります。

旦那さんが何をしているのか心配であれば、探偵などの浮気調査のプロに一度無料相談することをおすすめします。

そして、パパ活で最も恐ろしいことは、パパ活の相手が18歳未満の場合です。

もしも相手が18歳未満であった場合には児童買春という罪に問われます。実際にセックスをした場合でも、最後まではしていなくても、わいせつ行為をしていればこれに該当します。

相手が18歳以上の場合は買春で罪に問われることはありませんので、相手がどのような女の子なのか調べておくこともとても大切なことです。

パパ活は「援助交際でも浮気でもない」と勝手に自分の都合のいいように考えている男性もいますが、パパ活でも逮捕される可能性が十分に潜んでいますので、早めにパパ活の相手や浮気相手の素性を調べておくことをおすすめします。

 

監修者 MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓
監修者MR探偵社代表取締役社長 岡田真弓

2003年総合探偵社・株式会社MRを設立。浮気調査や人探し、信用調査、企業調査、裁判証拠収集などの基本的な探偵業務に加えて、夫婦間の問題には心のケアが必要という考えから、業界初の「カウンセリング担当制度」を 導入。その新しい視点が反響を呼び、探偵業界で売上 No.1を達成。2008年専門的技術を備えた探偵 を育成するためにMR探偵学校を開校し、学長に就任。
2017年一般社団法人日本ライフメンター協会を立ち上げ、理事に就任。ラジオ日本では「岡田真弓の未来相談室」のパーソナリティーとして出演中

 - 離婚・慰謝料 , , , , , ,

\ご来社で2000円のQUOカードもらえる!/
【5年連続業界No.1】MR探偵社はコチラ